ヘアビューロン3D・4Dの違いを美容師が比較

ストレートヘアアイロン リュミエリーナ

【4Dおすすめ】美容師がヘアビューロンストレート3Dと4Dの違いを比較

自己紹介

美容師のしょうじです
  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • 美容家電マニアとして使ったアイロンは数知れず

おすすめのストレートアイロンが知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します。

ヘアビューロン買うか迷ってるからアドバイスほしいな

美容師が本音でレビューしますね!

ヘアビューロンストレート「3D」「4D」どっちがおすすめ?

「4D」がおすすめだが、あえて買わなくてもいいかも

ヘアビューロンの中で1番バランスがいいのが「4D」になります。

3モデルを簡単に比較

  • 最新モデル「7D」・・・仕上がりが1番いいのですが、71,500円と価格が高すぎる
  • 真ん中に挟まれた「4D」・・・仕上がりと価格のバランスが1番モデル
  • 旧モデル「3D」・・・1番安くなっていますが、柔らかさが上位モデルに比べると少し弱い気がする

そして、ここから本音で言わせていただきますと。

ヘアビューロン【ストレート】を購入する前に他のヘアアイロンも比較してほしい

ヘアビューロンの仕上がりは素晴らしいのですが、使いやすさや価格を考えたらおすすめできるポイントが少ないです。

いろいろなヘアアイロンを使ってきましたが、あえてヘアビューロンを買う必要性を見つけることができないのが本音です。

もしヘアビューロンを検討されている場合は高い買い物になりますので、一度他のアイロンも比較してから納得の上で買ってほしいです

 

ただ、ヘアビューロンを検討している人もいるはずなので3D・4Dの違いについても解説していきます。

美容家電マニアが比較検証していきますので、ぜひ参考にしてください!

 

 

ヘアビューロンとは、バイオプログラミングである

バイオプログラミングとは?
髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化させる技術

バイオプログラミングこそがリュミエリーナ社の独自の技術になります。

詳しく知りたい人は公式サイトに載っていますが、よくわからないですしはっきりいいまして胡散臭い記事になっています。

そしてはっきりいいますが、バイオプログラミングに効果を実証するエビデンス(証拠)はありません。

普通なら「胡散臭い」で終わるところではありますが、ヘアビューロンは実際の仕上がりが良いのも事実になります。

【よくわからないけど仕上がりがいい】という少し矛盾しているバイオプログラミングこそがヘアビューロンの特徴になります。

ヘアビューロンの【メリット・デメリット】を簡単に解説

メリット
デメリット
  • 髪のダメージを抑えることができる
  • 温まるまで時間がかかる
  • 小回りが効きにくい
  • 値段が高い
それぞれ詳しく解説していきますね♪

【メリット】仕上がりの良さは素晴らしい

  • 髪のダメージを抑えることができる

1番ポイントは「髪の負担が少ないところ」

ふわっとモチっとな質感になりまして、他のアイロンと比較をすると「水分量が多く残っているかのような質感」になります。

過度な熱ダメージを加えることなく、仕上がりの柔らかさも感じる仕上がりの良さこそヘアビューロンが支持される理由です。

補足

メーカーは傷まないといっていますが、傷まないということはないです。

熱を加えている以上負担は少なからずかかりますので「ダメージ 0」とは美容師の立場からはいえません。

ダメージが少ない商品と理解してほしいです。

【デメリット】使い勝手と価格が気になる

  • 温まるまで時間がかかる
  • 小回りが効きにくい
  • 値段が高い

メリットは髪のダメージが少ないことだけ。デメリットは4つありますので、1つずつ解説していきます。

デメリット①|温まるまで時間がかかる

180℃まで2分以上かかるので、すぐに使えない

おすすめのストレートアイロン絹女〜KINUJO〜」が【電源を入れて約20秒で180℃まで温度が上昇】するのに対して倍以上の時間がかかります。

女性にとって朝の時間はバタバタすること間違いなし。

アイロンが温まるのが遅いことによってスタイリングする大切な時間が減ってしまうのは気になります。

使う場合は前もって電源を入れるなど工夫が必要になります。

デメリット②|小回りが効きにくい

ヘアビューロン7Dのサイズ感になります
ちょっとサイズ感が大きいので小回りは効きにくいかもしれません

サイズ感が大きいので顔まわりの細かいところはアイロンが入りにくいです。

ただ、プレートの幅もありますので真っ直ぐに伸ばしやすいアイロンではあります。

小回りが効くことと、効かないことは表裏一体ではありますので仕方ないですね。

デメリット③|価格が高い

商品名
ナノケア

絹女

Refa

ヘアビューロン3D

ヘアビューロン4D

ヘアビューロン7D
価格(税込)14,000円前後19,800円19,800円38,500円49,500円71,500円

いろいろな高級ストレートアイロンを使ってきましたが、ヘアビューロンはどれも価格が高いです。

使ってみて、仕上がりの良さは「さすがヘアビューロン!」と感じます。

ただいいストレートアイロンの基準って仕上がりだけではなく、価格、使いやすさなどのバランスです。

【ヘアビューロンは性能はいいけどコスパが悪い】
あくまで個人的な意見になりますのでご了承ください

【スペック】ヘアビューロン 4D Plus ストレートアイロン

価格(税込)49,500円
重量422.5g
温度幅約40℃〜180℃
サイズ高さ293×幅29×奥行85mm
コードの長さ約2.0m
おすすめ度
(3.5 / 5.0)

【スペック】ヘアビューロン 3D Plus ストレートアイロン

価格(税込)38,500円
重量422.5g
温度幅約40℃〜180℃
サイズ高さ293×幅29×奥行85mm
コードの長さ約2.0m
おすすめ度
(3.0 / 5.0)

【スペック比較】3D・4Dの違いは価格だけしかない

商品名
ヘアビューロン3D

ヘアビューロン4D
価格(税込)38,500円49,500円

1万円の価格差がある

両方とも高くなっていますが、今回は比較になりますので1万円払う価値があるかどうかがみるべきポイントになります。

補足

勘違いして欲しくないことは価格が高いのは基本的にいいと思っています。

ただ、その価格にあう価値があるかはしっかり見極めておすすめはするようにしています。

なのでしっかり価格に合う価値があるかどうかを大切に解析したいとは思います。

【比較検証】ヘアビューロンストレート3D・4Dの違い

3つのポイント

  • 質感
  • 使いやすさ
  • 機能性

特に質感の違いについてはしっかりお伝えしたいと思います!

【質感】4Dの方がしっとりまとまる

柔らかさとモチッと感は4Dの方がより感じることができます。

ヘアビューロンストレートを全部使ってきましたが、3→4の違いはわかりやすかったです。

ダメージが気になる人、乾燥毛など熱の影響を受けやすい髪質の人にはぜひ1万円多く出してでも4Dを買ってほしいです。

わかりやすいように2つのCASEを紹介しておきますね!

CASE 1

【ハイダメージ毛】

  • ハイライトカラー(ブリーチ)を3〜4ヶ月に1回
  • ヘアカラーを月に1回
  • 週に4〜5日はカールアイロン(コテ)で巻いている

元々の髪質は油分も水分もしっかりある健康毛。

くせ毛でもなく扱いやすい髪質だが、ダメージによってまとまり感がなくなってしまった髪です。

CASE 2

【ダメージ  +  乾燥毛】

  • 元々乾燥している髪質でふわっとしやすい
  • ヘアカラーは2ヶ月に1回

乾燥している髪質ながら、くせもあるので広がりやすさが悩み。

雨の日や湿度が高い日は外にでないで家にいたいらしいです。

【使いやすさ】特に大きく変わった違いはない

重さやサイズ感も一緒で、使いやすさは変わりません。

ただ、ヘアビューロンは滑りやすく重さもあるので使いにくさはあります。

慣れるまで、使いにくさは感じるかもしれません

【機能性】全く同じ

新規機能は何もついていません

本当に何も変わらない

【口コミ】お客様に使っていただいた

美容師の意見だけだと偏った意見になるかもしれないので実際にお客様にも使っていただき感想を聞きました!

仕上がりの柔らかさは4Dの方が感じるかも!

モチっとする感じとしっとりまとまる質感が好きな人にはおすすめしたい!

う〜ん、、、いいのかもだけどクレイツに慣れてるから使いにくいわ。

お客様の感想まとめ

  • 質感は確かにいいかも
  • 重くて使いにくい

しっかりした統計はとっていませんがほとんどのお客様が満足していました♪

ただ価格を考えると候補にしにくいと答える人が多かったです。

【結論】ヘアビューロンストレートを買うなら4D一択

ヘアビューロンストレート「3D」「4D」どっちがおすすめ?

「4D」がおすすめだが、あえて買わなくてもいいかも

ヘアビューロンの中で1番バランスがいいのが「4D」になります。

3モデルを簡単に比較

  • 最新モデル「7D」・・・仕上がりが1番いいのですが、71,500円と価格が高すぎる
  • 真ん中に挟まれた「4D」・・・仕上がりと価格のバランスが1番モデル
  • 旧モデル「3D」・・・1番安くなっていますが、柔らかさが上位モデルに比べると少し弱い気がする

そして、ここから本音で言わせていただきますと。

ヘアビューロン【ストレート】を購入する前に他のヘアアイロンも比較してほしい

ヘアビューロンの仕上がりは素晴らしいのですが、使いやすさや価格を考えたらおすすめできるポイントが少ないです。

いろいろなヘアアイロンを使ってきましたが、あえてヘアビューロンを買う必要性を見つけることができないのが本音です。

他のヘアアイロンと比較をしたい人はこちらの記事も参考にしてください!

ヘアビューロン【ストレート】3D・4D・7Dのおすすめは?

ヘアビューロンは「3・4・7」の3種類発売してるけど、どれがいいの?
全て使ってきた美容師がおすすめを紹介します!

ヘアビューロン【ストレート】を買うならどれがおすすめ?

ヘアビューロン4D Plusがおすすめ

理由は簡単でして、価格と性能のバランスがいいです。

49500円(税込)と高いのは高いですが、ヘアビューロンの良さはしっかり感じることのできるストレートアイロンになります。

個人的にはヘアビューロン7D Plusを買うな2万円安い4Dを買いますし、おすすめします。

ヘアビューロンを検討している人いましたらぜひ参考にしてください!

 

 

-ストレートヘアアイロン, リュミエリーナ
-