レプロナイザーとダイソンを比較

ドライヤー

【違いは?】美容師がレプロナイザー7D・ダイソンドライヤーを比較レビュー

自己紹介

美容師のしょうじです
  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • 美容家電マニアとして使ったドライヤーは数知れず

おすすめのドライヤーが知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します!

こんな方におすすめ

  • 「レプロナイザー」「ダイソン」の詳細を知りたい人
  • 「レプロナイザー」「ダイソン」の違いが知りたい人
  • 高級ドライヤーを検討している人
  • 美容師の意見を参考にしたい人

レプロナイザー7D Plus」「ダイソンドライヤー」どっちがおすすめ?

悩みによって変わります

 

おすすめの人の違いがはっきりしています。

質感の違い

  • レプロナイザー→しっとりまとまる
  • ダイソン→ふわっとさらっと

 

質感だけ見ても別物です!

質感も違ければ、おすすめの人も全然変わります。

どっちを買うか悩んでいる人はそれぞれの個性をしっかり理解してから選んでほしいです。

 

スペックの違いはもちろんのこと。

美容師が使った感想もしっかり伝えます!

少し長くなっていますが、しっかりまとめましたのでぜひ参考にしてください♪

 

 

【スペック】レプロナイザー7D Plus

レプロナイザー7Dドライヤー

製品名レプロナイザー 7D Plus
型 名REP7D-JP
電 源AC 100~240V 50/60Hz
消費電力1,200W (AC100V)
温風温度約100°C(周囲温度25°Cの場合)
サイズ
高さ253.5×幅247×奥行72.1mm(ノズルを除く)
質 量約758g(ノズルを除く)
電源コード長2.6m
付属品ノズル(1個)・フィルター(2枚)

 

【スペック】ダイソンドライヤー

ダイソンドライヤー

製品名Dyson Supersonic Ionic
価格45,000円(税抜)
サイズ幅7.8×奥行9.7×高さ24.5cm
風量2.4 m³/分
電源コード長さ1.9 m
本体寸法高さ22.6×幅21.6×奥行9.2cm
質量697g
消費電力1200W

 

価格は27,000円ほど違う

製品名価格(税込)
レプロナイザー7D Plus79,200円
ダイソン42,900円
両方とも高いです

 

ダイソンも決して安いわけではありません。

今発売しているドライヤーでは2番目に高いドライヤーになるはず。

しかし、レプロナイザーが高すぎるんです。

 

ちなみにですが。

価格が高いのは基本的にいいとは思っています。

ただその価格にあう価値があるかはしっかり見極めておすすめはするようにしています。

なのでしっかり価格に合う価値があるかどうかを大切にレビューしています。

高級ドライヤー価格表

製品名価格
絹女26,400円
パナソニックナノケア33,000円
ホリスティックキュアドライヤーRp.33,000円
リファ36,300円
ダイソン42,900円
レプロナイザー79,200円

 

 

 

【スペック比較】違いは3つ

製品名レプロナイザーダイソン
サイズ高さ253.5×幅247×奥行72.1mm幅7.8×奥行9.7×高さ24.5cm
重さ約758g697g
海外兼用海外使用可能× ※日本国内専用です。

 

サイズ&重さ

サイズ感は1番違うポイントになります。

結論をいうとダイソンの方が持ちやすく、軽く感じます。

 

出展:ダイソン

ダイソンは他のドライヤーと違い直線的なデザインになります。

そして直線的なデザインによって重心が安定することで持ちやすさと、軽さを生んでいます。

 

ドライヤーってL字型が多いのでどうしても片方に重心が寄ってしまい、実際の重さ以上に負担を感じてしまいます。

ダイソンは重心が安定しているので697gと軽くはないですが、持って使ってみると数字より軽く感じます。

 

手が小さくて大きいドライヤーが持ちにくいの
力があまりなくて重いドライヤーは使いたくない

 

そんな女性にはサイズ感は重要なポイントになるのでダイソンの使いやすさは嬉しいです♪

 

 

海外兼用

海外で使えるのはレプロナイザー!

7D Plusから海外でも使えるようになりました。

海外転勤が決まっている人、海外に頻繁に出張にいくなどでいいドライヤーを使いたい場合はおすすめではあります。

 

【比較検証】レプロナイザー7Dとダイソンドライヤーの違いは?

レプロナイザーとダイソンを比較

  • 風量(速乾性)
  • 質感
  • 使いやすさ

 

【風量】ダイソンはドライヤーNo. 1

風量の強さ

製品名風量
ダイソン2.4㎥/分
絹女2.2㎥/分
リファ1.4㎥/分
ナノイー1.3㎥/分

【圧倒的速乾力】

ダイソンは発売しているドライヤーの中でもNo. 1を誇ります。

 

そして大切なことになりますが。

ドライヤーは毎日のこと

 

風量の違いが積み重なることでどれだけの違いを生むのか。

塵も積もれば山となる。じゃないですが時間はかなり変わってきます。

特に毛量が多い人には違いはわかりやすくなっているのでみてほしいポイントになります。

 

ちなみにですが、風量が弱いことってデメリットがたくさんあると思います。

デメリット

  • 熱の影響を長く与えてしまい乾燥の原因につながる
  • ドライヤーがめんどくさくなり生乾きで終えてしまう
  • 重いドライヤーを長時間持つことで腕が疲れる
  • ドライヤーの時間が長くなり自分の時間が減る
ドライヤー選びで風量はかなり重要なポイントになりますので確認してくださいね!

 

【質感】仕上がりは全然違う

質感の違い

  1. レプロナイザー→しっとりまとまる
  2. ダイソン→ふわっとさらっと

 

レプロナイザー7D Plusはしっとりまとまる

レプロナイザーのノズル部分

【しっとりまとまる質感トップクラス】

 

特化型ドライヤー「レプロナイザー」のしっとりまとまる質感は素晴らしいです!

絹女でカバーできない5%の悩みが深刻な人にはぜひとも使ってほしいまとまり感になります。

 

【悩みが深刻な人の髪質や状態】

  • ハイダメージ毛
  • 乾燥によるパサつきが気になる人
  • 軟毛・猫っ毛のようにペタっとしやすい人
  • エイジング毛(年齢による髪の老化)

ここに当てはまる人は広がりや、パサッと感、まとまり感が気になる人が多いはずです。

悩みが深刻な人にこそレプロナイザーは使ってほしいドライヤーになります。

 

わかりやすいように2つのCASEを紹介しておきますね!

 

CASE 1

【ハイダメージ毛】

  • ハイライトカラー(ブリーチ)を3〜4ヶ月に1回
  • ヘアカラーを月に1回
  • 週に4〜5日はカールアイロン(コテ)で巻いている

元々の髪質は油分も水分もしっかりある健康毛。

くせ毛でもなく扱いやすい髪質だが、ダメージによってまとまり感がなくなってしまった髪です。

 

CASE 2

【ダメージ  +  乾燥毛】

  • 元々乾燥している髪質でふわっとしやすい
  • ヘアカラーは2ヶ月に1回

乾燥している髪質ながら、くせもあるので広がりやすさが悩み。

雨の日や湿度が高い日は外にでないで家にいたいらしいです。

 

 

ダイソンドライヤーはふわっとさらっと

ふわっと感はダイソンの勝ち!

 

おすすめの人

  • とにかく早く乾かしたい方
  • 髪に美しいツヤが欲しい方
  • 根元をボリュームアップしたい方

 

速乾性とボリュームがほしい人にはダイソンがおすすめになります。

 

2つとも仕上がりはいいことがわかるはずです。

質感が全然違うので自分に合った、ほしい仕上がりから選んでください

 

【使いやすさ】ダイソンのアタッチメントが素晴らしい

使いやすさは「ダイソン」の勝ちになります

 

高級ドライヤーの中でもダイソンにしかない特徴の1つがアタッチメントの豊富さになります。

いろんなヘアスタイルに合わせて変えることによって仕上がりを調節できます。

マグネット式で取り外しも簡単なので用途によってすぐに対応できるのはポイント高くなっています。

 

【レプロナイザー7Dまとめ】バイオプログラミングで仕上がりしっとり

 

バイオプログラミング

髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化させる技術

 

リュミエリーナ社の独自の技術【バイオプログラミング】

髪はもちろんのこと頭皮環境にも効果のある風を送り出すことのできるドライヤーになります。

 

おすすめの人

  • ハイダメージ毛
  • 乾燥によるパサつきが気になる人
  • 軟毛・猫っ毛のようにペタっとしやすい人
  • エイジング毛(年齢による髪の老化)
  • 海外に住んでいる人

まとまり感としっとり感は高級ドライヤーの中でもトップクラスです。

 

いいドライヤーなのは間違いないです。

ただ価格を知って購入を悩んだ人もいるはずです。

なんと、、、¥72,000(税込¥79,200)

レプロナイザーで1番の気になるポイントになるはずなので価格の壁が突破できるかどうかが問題ですね。

 

ここから本音で話します!

おすすめの人

  • ハイダメージ毛
  • 乾燥によるパサつきが気になる人
  • 軟毛・猫っ毛のようにペタっとしやすい人
  • エイジング毛(年齢による髪の老化)
  • 海外に住んでいる人
ここに当てはまらない場合はあえて買わないでいいかもしれません

 

ドライヤーに約8万円は高すぎること。

また他の高級ドライヤーでおすすめがあることが理由になります。

 

いいドライヤーなことは間違いありませんが、性能だけではなく価格や使いやすさのバランスが大切だと思っています。

レプロナイザーはバランスの悪さが気になってしまうドライヤーかもしれません。

あくまで個人的な意見になりますので参考までにお願いします

 

【ダイソンドライヤーまとめ】高級ドライヤーNo. 1の風量は素晴らしい

 

ポイント

  • 風量が圧倒的
  • 自動温度調節機能
  • アタッチメントの豊富さ

 

3つのポイントはダイソンの素晴らしいところとして紹介しました。

特に風量はドライヤーNo. 1になります。

 

たまに「ダイソンは風量だけ」みたいな言い方をされる時がありますが勘違いしないでください。

風量だけではなくドライヤーとしてのクオリティーも素晴らしい。

 

おすすめの人

  • 毛量が多い
  • 乾燥毛・猫っ毛さん
  • パーマスタイル
  • ブローをする人

 

おすすめの人に当てはまる人は購入を前向きに検討してください♪

当てはらない場合は、他のドライヤーで代用できるのであえて買う必要はないかもしれません。

 

特徴がはっきりしていてわかりやすいドライヤーではあるので使いこなしたらかなりおすすめですし、使いやすい。

ぜひ参考にしてください♪

 

【結論】悩みによっておすすめが変わる

レプロナイザー7D Plus」「ダイソンドライヤー」どっちがおすすめ?

悩みによって変わります

 

レプロナイザーがおすすめ

  • しっとり質感でまとめたい人
  • ハイダメージ毛
  • エイジング毛
  • くせ毛の人
  • 乾燥毛・乾燥肌

 

ダイソンがおすすめ

  • ふわっと質感が好きな人
  • 毛量が多い
  • 乾燥毛・猫っ毛さん
  • パーマスタイル
  • ブローをする人

 

個性が別れているのでおすすめの人は変わります!

【両方ともいいドライヤー】なのは間違いない真実です。

 

 

ただ、、、本音を言わせていただきます!

 

ダイソンは風量が強く、アタッチメントが豊富という個性は珍しいのでおすすめになります。

ただレプロナイザーのしっとりまとめる個性は他のドライヤーでもあります。

 

ダイソンは他のドライヤーと違う点があるのでおすすめできますし、合う人には合います。

レプロナイザーはしっとり感は素晴らしいですが、80000円という価格を考えてもおすすめはできません。

今回はレプロナイザーとダイソンの比較になりましたので「悩みによって変わります」と結論を出しましたが、僕はレプロナイザーを推していません。

 

高級ドライヤーおすすめランキングBEST3をみていただいた方が優秀なドライヤーがわかります。

 

最後にちょっと本音で話してしまいましたが、完全に僕の主観になります!

ただいろいろなドライヤーを使ってきた上で忖度なしで結論を出しています!!

 

ドライヤーマニアだからこそ出せる結論ではありますのでぜひ参考にしてください。

 

 

-ドライヤー
-, , ,

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved.