ヘアビューロンとリファストレートアイロンを比較して違いを口コミ

ストレートヘアアイロン

【ストレート比較】リファとヘアビューロン7Dはどっちがいいの?美容師が口コミます

こんな方におすすめ

  • リファとヘアビューロンの違いが知りたい人
  • 美容師の意見を参考にしたい人
  • メリット・デメリットを比較したい人

リファとヘアビューロン買うなら、どっちがおすすめ?

リファがおすすめ!ヘアビューロンはおすすめしていません

いろいろなストレートアイロンを使ってきましたが、リファの使いやすさは素晴らしいです。

リファはパワフルさはやや物足りないので、くせが強い人には向きませんがほとんどの髪質や悩みに対応できる優秀なヘアアイロンになっています。

対するヘアビューロンは、価格が7万円と高く、かつデメリットが多く美容師目線ではおすすめが難しいです。

あくまで一個人の意見になりますが、ヘアビューロンとリファを比較をするなら「リファ一択」で間違いないと思っています。

両方とも実際に使ったからこそわかる違いを比較して、メリット・デメリットなども解説します。

購入を検討している人のために忖度なしでまとめていきますので、ぜひ参考にしてください!

これが結論|最初に比較表でまとめました

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
価格(税込)19,800円71,500円
重さ295g448g
ストレートのしやすさ
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
滑りの良さ
(5.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
傷ませにくさ
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(5.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
コスパ
(4.5 / 5.0)
(2.0 / 5.0)
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)

実際に両方とも使った上で、このような結果になりました!
これから詳しく解説していきますので、悩んでいる人は最後まで読んでくださいね!

スペック|Refa(リファ)ビューテック ストレートアイロン

価格(税込)19,800円
重量約295g
(電源コード含む)
温度幅約140°C~220°C
サイズ約266mm×29mm×32mm
プレートサイズ約W28mm×H100mm
コードの長さ約2.5m
おすすめ度
(4.5 / 5.0)

デザイン性の高さだけじゃない!性能や使いやすさにもこだわったヘアアイロン

ものすごいおしゃれなヘアアイロンね

おしゃれすぎてテンションあがるアイロンですよね!
ただデザイン性の高さだけではなく、性能や使いやすさも素晴らしいですよ!

カーボンレイヤープレートで熱ダメージを軽減することができ、ワンカールが作りやすいようにクッション性の高いプレートと左右に動くプレートの2つの工夫がされています。

簡単にストレートもカールも楽しむことができるのがリファの魅力になります!

スペック|ヘアビューロン7D Plus ストレートアイロン

ヘアビューロン7Dストレートアイロンを口コミ評価
価格(税込)71,500円
重量448g
温度幅約40℃〜180℃
サイズ高さ310×幅30×奥行90mm
コードの長さ約2.0m
海外対応
おすすめ度
(3.5 / 5.0)

バイオプログラミングとは?
髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化させる技術

バイオプログラミングこそがリュミエリーナ社の独自の技術になります。

詳しく知りたい人は公式サイトに載っていますが、よくわからないですしはっきりいいまして胡散臭い記事になっています。

そしてはっきりいいますが、バイオプログラミングに効果を実証するエビデンス(証拠)はありません。

普通なら「胡散臭い」で終わるところではありますが、ヘアビューロンは実際の仕上がりが良いのも事実になります。

【よくわからないけど仕上がりがいい】という少し矛盾しているバイオプログラミングこそがヘアビューロンの特徴になります。

スペック比較|ヘアビューロンとリファヘアアイロンの違いは?

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
価格(税込)19,800円71,500円
重さ295g448g
温度幅約140°C~220°C
(5段階20°C間隔)
約40℃〜180℃
温度上昇(180℃まで)約60秒約2分

それぞれの詳細をみていきましょう!

価格|ヘアビューロンが5万円ほど高くなっている

商品名
ナノケア

絹女

Refa

ダイソン
ヘアビューロン7D
価格(税込)14,000円前後19,800円19,800円53,900円71,500円

現在発売されているストレートアイロンの中で、ヘアビューロンは1番高くなっています。

今回比較をしているリファが2万円なので、3本買っても届かない(2万×3=6万)ことを考えるとヘアビューロンが高いことがわかります。

比較して伝えたいことは、「50,000円多く出してまでヘアビューロンを買う必要があるのか」ですね

重さ|リファが150g軽いので、使いやすい

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
重さ295g448g

重さは150g違うので小回り、使いやすさはリファの方が優れています。

たった150gだから、あまり変わらないんじゃないの?
実際に使うと全然違います。しかもヘアアイロンは腕を上げながら使うこともあるので、150g以上に重く感じるタイミングもあります

腕が疲れやすい、軽いヘアアイロンを探している人はヘアビューロンの重さが気になる可能性が高いです。

温度幅|ヘアビューロンは低温から高温まで細かく調節ができる

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
温度約140°C~220°C
(5段階20°C間隔)
約40℃〜180℃

ヘアビューロンの珍しいところは低温の幅が広いこと。

時間はかかりますが、じんわりと熱を加えることで髪をまっすぐにできるのはポイントになります。

温度上昇|ヘアビューロンのスピードは遅すぎる

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
温度上昇(180℃まで)約60秒約2分

1番推しているアイロン「絹女」が180℃まで20秒に達することを考えると、両方とも早いとは言えません。

ヘアビューロンの温度上昇スピードは遅すぎるのでリファすら早く思うほどです。

使いたいタイミングにすぐに使えないのは、時間がもったいないわ

女性は準備に時間がかかるからこそ、2分はさすがに気になりますね

5つのポイントで比較|リファVSヘアビューロン

  • ストレートのしやすさ
  • 滑りの良さ
  • 痛ませにくさ
  • 使いやすさ
  • コスパの良さ

リファ VS ヘアビューロンでどっちが優れているのか、5つのポイントで比較検証していきます

ストレートのしやすさ|大きな違いはない

リファプレートサイズが小さく熱の伝わる時間が短いので、くせを伸ばすのに少し時間がかかる
ヘアビューロン温度上昇が遅く、熱の浸透に時間がかかるのでくせを伸ばすのに時間がかかる

両方ともパワフルさが売りではなく、ダメージを抑えるヘアアイロンです。

ほとんどの人には気にならないですが、くせが強い人や毛量が多い人には気になる可能性があります。

もし不安な人はパワフルなヘアアイロンをまとめておきますので、参考にしてください

【くせを伸ばしやすいヘアアイロン3選】
絹女
ADST
ダイソンコーラル

滑りの良さ|リファのスルスル感が素晴らしい

リファ引っかかりがほとんどなく、スルスルっとアイロンを通せる
ヘアビューロン引っかかりはないが、リファと比較をすると滑らかではない

リファの方がスルスル!っとストレスなくアイロンを通せるので、滑りやすさは優れています

ヘアビューロンも悪くないのですが、リファと比較をするとイマイチなので気になりました。

(7万円のアイロンだからね、、、期待するじゃん)

痛ませにくさ|ヘアビューロンのまとまりの柔らかさはすごい!

リファカーボンレイヤープレートで、過度な乾燥を防ぐことでダメージを軽減する
ヘアビューロンぷるん感とまとまる仕上がりはヘアアイロンの中でトップクラス

両方とも、熱ダメージを抑えるプレートで乾燥を抑えながらストレートにすることが可能です。

ただ痛まないヘアアイロンBEST5第1位に選んだヘアビューロンはやはり強いです!

ぷるんとしつつさらっとしている、弾力と滑らかさの両立が素晴らしい仕上がり

ダメージを少しでも抑えたい人はヘアビューロンを検討してもいいかもしれません!

勘違いしないでほしいことは、リファがダメなわけではないです。
ヘアビューロンの仕上がりが良すぎる!と理解してほしいです。

使いやすさ|リファが圧倒的に優れている

リファ・軽くて小回りが効くので、前髪や顔まわりでも使いやすい
・ラウンドヘッドとクッションプレートのおかげでワンカールが作りやすい
ヘアビューロン・重くてサイズも大きいので使いにくい
・滑りやすい素材で、手から落ちそうになる

リファ

ヘアアイロンの中でも、295gと軽く小回りが効くので操作性に優れています。

前髪をくるっとカールをつけるのも簡単なので、使いやすさは間違いありません!

アイロンを使ったアレンジが好きな人には嬉しいね

ヘアビューロン

辛口にいいますが、使いにくいです。

重くてサイズが大きいので小回りが効きにくく、操作性が悪いこと。高級感を出すためか光沢のある素材を使用していて、表面がツルツルなので指や手が引っかかる場所がないです。

美容師が使っても使いにくいと感じるので、アイロンに慣れていないと困る人いるかも

リファはデザインと機能性が両立しています。
表面に凹凸をつけて、溝に引っかかるので滑り落ちにくく、おしゃれさも追求しています。
リファと比較をすると、もう一歩感が否めません。

コスパの良さ|ヘアビューロンは高すぎる

商品名
ナノケア

絹女

Refa

ダイソン
ヘアビューロン7D
価格(税込)14,000円前後19,800円19,800円53,900円71,500円
リファ性能、使いやすさ、デザイン性を考慮するとコスパはいい!
ヘアビューロンダメージは抑えることができるが、使いにくく気になる点が多いのでコスパは悪い

リファは総合的にみると、おすすめポイントが多いので美容師目線でもおすすめできますがヘアビューロンは違います。

気になるポイントが多いのに7万円とかなり高額な価格設定になっていますので、あえて買う必要はないと思います。

悪いアイロンではないですが、価格が高すぎるのでおすすめができません

リファストレートヘアアイロン【メリット・デメリット】

メリット
デメリット
  • 痛みにくいプレートを採用していて、ダメージを抑えることができる
  • 温まるのが早くて、すぐに使える
  • ワンカールが作りやすい
  • デザイン性が高く、おしゃれ
  • くせを伸ばすのに少し時間かかる

デメリット①|くせを伸ばすのに少し時間がかかる

しっとりとまとまる質感になるので熱の伝わりが少し弱い気がします。

仕上がりの質感がいいのですが、ダメージを少なくするあまりくせが伸びにくいのは気になってしまいました。

ただ勘違いして欲しくないことはくせ毛が伸びないわけではありません。

くせ毛を伸ばしやすいストレートアイロンと比べると気になってしまいます。

あたしってくせが強いから伸ばしやすい方がいいかも

そんな人には購入をおすすめしにくいヘアアイロンでもありますね

【くせを伸ばしやすいヘアアイロン3選】
絹女
ADST
ダイソンコーラル

ヘアビューロン7D Plusストレート【メリット・デメリット】

ヘアビューロン7Dストレートアイロンを口コミ評価
メリット
デメリット
  • 髪のダメージが少ない
  • 温まるまで時間がかかる
  • 小回りが効きにくい
  • 値段が高い、高すぎる

メリットは髪のダメージが少ないことだけ。デメリットは3つありますので、1つずつ解説していきます。

デメリット①|温まるまで時間がかかる

180℃まで2分以上かかる

僕の1番推しているストレートアイロン絹女〜KINUJO〜」が【電源を入れて約20秒で180℃まで温度が上昇】するのに対して倍以上の時間がかかります。

女性にとって朝の時間はバタバタすること間違いなし。

アイロンが温まるのが遅いことによってスタイリングする大切な時間が減ってしまうのは気になります。

使う場合は前もって電源を入れるなど工夫してください!

デメリット②|小回りが効きにくい

サイズ感が大きいので顔まわりの細かいところはアイロンが入りにくいです。

ただ、プレートの幅もありますので真っ直ぐに伸ばしやすいアイロンではあります。

小回りが効くことと、効かないことは表裏一体ではありますので仕方ないですね。

デメリット③|価格が「71,500円」と高い、高すぎる

いろいろな高級ストレートアイロンを使ってきましたが、段違いに高くなっています。

価格が気にならない人にはおすすめの1つになりますが7万円出してまで買う必要があるのかと言われると難しいところになります。

使ってみて仕上がりの良さは「さすがヘアビューロン!」と感じます。

ただいいストレートアイロンの基準って仕上がりだけではなく、価格、使いやすさなどのバランスです。

【ヘアビューロンは性能はいいけどコスパが悪い】

あくまで個人的な意見になりますのでご了承ください

ヘアビューロンよりリファの方が優れているポイントを紹介

  • 操作性が優れていて、使いやすい
  • 軽くて、小さくて使いやすい
  • 小回りが効くので前髪、顔周りの作り込みがしやすい
  • 温度上昇がヘアビューロンより全然早い
  • 5万円安くヘアビューロンと比較をすると買いやすい

比較をするとわかりますが、リファの方が優れている点が多いです!
あえてヘアビューロンを選ばなくてもいいと思っています。

【リファまとめ】デザイン性と使いやすさの両立が素晴らしいストレートアイロン

価格(税込)19,800円
重さ295g
ストレートのしやすさ
(4.0 / 5.0)
滑りの良さ
(5.0 / 5.0)
傷ませにくさ
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(5.0 / 5.0)
コスパ
(4.5 / 5.0)
おすすめ度
(4.5 / 5.0)

ポイント

  • カーボンレイヤープレートでダメージを軽減
  • 軽くて小さくて操作性が高いヘアアイロン
  • ワンカールがしやすい構造がアレンジ幅を広げる
  • デザイン性の高さが心を踊らせる
  • ややパワフルさに欠けるのでくせが強い人は注意

デザイン性の高さだけじゃない!性能や使いやすさにもこだわったヘアアイロン

デザインだけではなく、使いやすさとデザインの両立ができている素晴らしいストレートアイロンになります。

ワンカールもしやすいし、小回りも効くので細かい操作性はトップクラス。

その代わりストレートにするパワフルさはやや物足りない印象はあります。

くせがあまり強くなくて、アレンジを中心に使う人。

またストレートアイロンにあまり慣れていない人にこそ、真価を発揮するのでぜひ検討してほしいです!

リファの安定感の高さは素晴らしですよ!

【ヘアビューロン7Dまとめ】性能はいいが気になるところが多いヘアアイロン

価格(税込)71,500円
重さ448g
ストレートのしやすさ
(4.0 / 5.0)
滑りの良さ
(4.0 / 5.0)
傷ませにくさ
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(3.5 / 5.0)
コスパ
(2.0 / 5.0)
おすすめ度
(3.5 / 5.0)

ポイント

  • バイオプログラミングに科学的根拠はない
  • 仕上がりの良さはトップクラス
  • 重くて滑るので使いにくい
  • 価格が7万円と高すぎる
  • デメリットに感じるところが多いので気になる

使ってみて仕上がりの良さは「さすがヘアビューロン!」と感じます。

ただいいストレートアイロンの基準って仕上がりだけではなく、価格、使いやすさなどのバランスです。

【ヘアビューロンは性能はいいけどコスパが悪い】

いろいろな高級ストレートアイロンを使ってきましたが、段違いに高くなっています。

価格が気にならない人にはおすすめの1つになりますが7万円出してまで買う必要があるのかと言われると難しいところになります。

【結論】使いやすさのリファか、ダメージレスのヘアビューロンか

商品名
Refa

ヘアビューロン7D
価格(税込)19,800円71,500円
重さ295g448g
ストレートのしやすさ
(4.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
滑りの良さ
(5.0 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
傷ませにくさ
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(5.0 / 5.0)
(3.5 / 5.0)
コスパ
(4.5 / 5.0)
(2.0 / 5.0)
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
(3.5 / 5.0)

リファとヘアビューロン買うなら、どっちがおすすめ?

リファがおすすめ!ヘアビューロンはおすすめしていません

これまでいろいろなストレートアイロンを使ってきましたが、リファの使いやすさは素晴らしいです。

パワフルさはやや物足りないので他のヘアアイロンを検討してほしい人がいるのも確かにですが、ヘアビューロンの価格やデメリットを考慮すると美容師目線ではおすすめが難しいです。

ヘアビューロンとリファを比較をするなら「リファ一択」をおすすめします

ただ、まだまあいいストレートアイロンがあるのも事実ではありますのでおすすめが知りたい人はこちらの記事。

【高級ストレートアイロンランキングBEST3】もぜひ参考にしてください!

-ストレートヘアアイロン