ドライヤー

【美容師が違いを比較】レプロナイザー7Dとリファどっちがおすすめ?【結論はRefaドライヤー】

自己紹介

美容師のしょうじです
  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • 美容家電マニアとして使ったドライヤーは数知れず

おすすめのドライヤーが知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します!

 

こんな方におすすめ

  • 「レプロナイザー」「リファ」の詳細を知りたい人
  • 「レプロナイザー」「リファ」の違いが知りたい人
  • 高級ドライヤーを検討している人
  • 美容師の意見を参考にしたい人

 

今回は人気ドライヤーの比較をしていきたいと思います。

多分、、、知名度が高い2つのドライヤーになるはず。

【レプロナイザー7D PLUS】

【リファドライヤー】

 

先に僕の結論を言わせていただきます。

 

性能のいいドライヤーは「レプロナイザー7D Plus」

 

これは間違いないです。

質感を比べるとレプロナイザーの方がまとまりはいいです。

 

ただ、、、どっちがおすすめか聞かれたら。

レプロナイザー7D Plus」「リファドライヤー」どっちがおすすめ?

「リファドライヤー」

 

トータルバランスを考えた時にリファの方が僕は好きです。

デザイン性、コスパ、使いやすさ。

しっとり感は確かにレプロナイザーが優秀ではありますが。

他の点に置いて優っているところが多いです。

 

なぜそのような結論に至ったのか。

スペックの違いはもちろんのこと。

美容師が使った感想もしっかり伝えます!

プロとして、、、しっかり伝える使命が僕にある

 

少し長くなっていますが、しっかりまとめましたのでぜひ参考にしてください♪

 

この記事でわかること

  • 「7D」「リファ」のスペック詳細
  • 「7D」「リファ」を比較検証
  • 「7D」を徹底解析!
  • 「リファ」を徹底解析!
  • 僕の結論は、、、!?

 

レプロナイザー7D Plusのスペック

製品名レプロナイザー 7D Plus
型 名REP7D-JP
電 源AC 100~240V 50/60Hz
消費電力1,200W (AC100V)
温風温度約100°C(周囲温度25°Cの場合)
サイズ
高さ253.5×幅247×奥行72.1mm(ノズルを除く)
質 量約758g(ノズルを除く)
安全装置
温度過昇防止装置 (サーモスタット・温度ヒューズ)
電源コード長2.6m
付属品ノズル(1個)・フィルター(2枚)
もっと詳しく知りたい人はこちら!

こちらもCHECK

レプロナイザー7D Plus
【おすすめではない?】美容師がレプロナイザー7Dを辛口評価する理由を口コミ

続きを見る

 

ReFa BEAUTECH DRYER(リファビューテック ドライヤー)のスペック

商品名ReFa BEAUTECH DRYER(リファビューテック ドライヤー)
電 源AC100V 50/60Hz
消費電力1200W(HIGH時)
サイズ約246mm×81mm×232mm(電源コード、セット用ノズル含まず)
電源コード長さ約2.5m
重 量約695g(電源コード含む、セット用ノズル含まず)
風 量約1.4㎥/min(HIGH、COOL時)約1.0㎥/min(LOW時)
材 質【本体】ポリカーボネート、ABS、スチール、炭素 【セット用ノズル】ナイロン
付属品本体、セット用ノズル、取扱説明書、保証書、ギャランティーカード
保証期間購入から1年間
海外兼用×
もっと詳しく知りたい人はこちら!

こちらもCHECK

【Refa】美容師がリファドライヤーの効果を口コミ【結論→優秀】

続きを見る

 

【スペック比較】リファドライヤー ・レプロナイザー7D Plusの違い

比較ポイント

  • 価格
  • 海外兼用

 

【価格】4万円違う

製品名レプロナイザー7D Plusリファ
価格72,000円(税込79,200円)33,000円(税込36,300円)
両方とも高いです

 

リファも決して安いわけではありません。

しかし、レプロナイザーが高すぎるんです。

 

ちなみにですが。

僕は高いのに対しては基本的にいいとは思っています。

ただその価格にあう価値があるかはしっかり見極めておすすめはするようにしています。

なのでしっかり価格に合う価値があるかどうかを大切に解析したいとは思います。

 

高級ドライヤー価格比較

製品名価格
絹女24,000円(税込26,400円)
パナソニック25,000円前後
ホリスティックキュアドライヤーRp.30,000円(税込33,000円)
リファ33,000円(税込36,300円)
ダイソン45,000円(税込49,500円)
レプロナイザー72,000円(税込79,200円)

 

【海外兼用】レプロナイザーは対応してる

海外兼用× ※日本国内専用です。海外使用可能

 

海外で使えるのはレプロナイザー!

2020年12月に発売した7D Plusから海外でも使えるようになりました。

海外転勤が決まっている人などでいいドライヤーを使いたい場合はおすすめではあります。

比較的少ないとは思いますのであまりいない気もしますが。笑

 

【比較検証】7D・リファドライヤーの違いについて

  • 風量(速乾性)
  • 質感
  • 使いやすさ

特に質感の違いについてはしっかりお伝えしたいと思います!

 

【風量】ほとんど変わりません

ドライヤーで大切な風量は「引き分け」

ここはスペックの違いでも紹介しましたが。

消費電力が同じということもあり、そこまで違いは感じませんでした。

 

【質感】レプロナイザーの方がしっとり

レプロナイザーの仕上がり

【ふわっとしながらもしっとりまとまる不思議な仕上がり】

ハリコシと潤いって別物ではあるので同じドライヤーで表現することって難しいイメージでしたが、ハリコシと潤いが共存している仕上がりになります。

ハリコシと潤いの共存こそバイオプログラミングの魅力だと思います。

 

リファの仕上がり

出展:リファ

リファドライヤー

  • MOIST→しっとり
  • VOLUME UP→ふんわり

モードを切り替えることによって仕上がりの質感を変えることができるのが魅力になります。

 

しっとり感はレプロナイザーの勝ち!!

しっとりしながらもふわっとする不思議な質感になるので合う人にはたまらないドライヤーになっています。

 

リファはモードを切り替えることにより悩みに対して質感を変えることができるのが強みになります。

ボリュームダウンにも、ふわっと質感にも対応ができますので幅広い人に使っていただけます。

 

ここで少しだけ本音で話しますと。

正直美容師以外の人にはそこまでわからない気もします。

 

他の人の比較で「質感は全然違います」と言っている人いますが、違いがわかりやすい髪質なら納得ですがほとんどの人にはわからない違いだと思います。

実際に比較検証もして、お客様の話を聞いた感想もお伝えします。

違いを確かるため左右でドライヤーを変える検証を実際モデルさんを使ってやりました。

仕上がりをモデルさんに確認したところ左右の違いに気づきませんでした

 

レプロナイザーのまとまりは魅力的になりますが、リファのまとまり感も素晴らしいです。

美容師が使ってみて、若干しっとりするくらいではあるのでわざわざ80000円払う必要があるのかが難しいところになります。

 

この辺は価値観なので、、、参考までに

 

使いやすさは「リファ」の勝ち

使いやすさは「リファ」が素晴らしすぎる。

 

ドライヤーって同じ場所に長く当てていると熱くなってしまいますよね?
確かに、、、熱いぃぃ!!と何度か悲鳴をあげたことあるわ
(それは近すぎでしょ)

 

同じ場所に当てることで段々と熱を帯びるのでドライヤーを左右に振ったり、当てる場所を変えながら熱を分散する必要があります。

 

しかし!!

リファにはプロセンシングがあることによって熱を自動調節してくれます。

 

出展:リファ

プロセンシング

アンダー60℃を自動調節する機能

 

プロセンシング機能のおかげで熱くなる心配がないんです!

つまりドライヤーを振る必要がないのと温度が過剰に当たる必要もない。

リファはドライヤー操作に慣れていない人に扱いやすいドライヤーになっています。

 

 

レプロナイザーは特に使いやすさに特化した性能はないのでシンプルと言えばシンプル。

ドライヤーとしてのわかりやすさはありますがリファ に比べると少し劣ってしまいますね。

 

【レプロナイザー7Dまとめ】バイオプログラミングで仕上がりしっとり

 

バイオプログラミング

髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化させる技術

 

リュミエリーナ社の独自の技術【バイオプログラミング】

髪はもちろんのこと頭皮環境にも効果のある風を送り出すことのできるドライヤーになります。

 

おすすめの人

  • ハイダメージ毛
  • 乾燥によるパサつきが気になる人
  • 軟毛・猫っ毛のようにペタっとしやすい人
  • エイジング毛(年齢による髪の老化)
  • 海外に住んでいる人

まとまり感としっとり感は高級ドライヤーの中でもトップクラスです。

 

いいドライヤーなのは間違いないです。

ただ価格を知って購入を悩んだ人もいるはずです。

なんと、、、¥72,000(税込¥79,200)

レプロナイザーで1番の気になるポイントになるはずなので価格の壁が突破できるかどうかが問題ですね。

 

 

ここから本音で話します!

 

おすすめの人

  • ハイダメージ毛
  • 乾燥によるパサつきが気になる人
  • 軟毛・猫っ毛のようにペタっとしやすい人
  • エイジング毛(年齢による髪の老化)
  • 海外に住んでいる人
ここに当てはまらない場合はあえて買わないでいいと思います

 

ドライヤーに約8万円は高すぎること。

また他の高級ドライヤーでおすすめがあることが理由になります。

 

あくまで僕の意見になりますので参考までにお願いします。

 

【リファドライヤーまとめ】誰が使ってもまとまるのが魅力

 

3つのポイント

  1. プロセンシング→風の温度を自動調節
  2. ハイドロイオン→しっとりまとめる風
  3. モード変更→髪質に合わせて変えれる

この3つの機能により、

サロン帰りのようなさらさら髪を簡単に再現することができます。

 

リファの魅力をギュッとまとめると

 

簡単にまとまる使いやすさが魅力的

 

美容師さんが乾かしたみたいにうまくまとまらない
それはドライの仕方に秘密があります♪

 

美容師さんが自然にやっている温度調節を自動でやってくれます。

 

つまり、、、誰が使ってもまとまるのがリファの魅力になっています♪

 

かなり優秀なドライヤーなことは間違いありません!

スペックが高いのはもちろんのこと、圧倒的なデザイン性。

ちょっと価格が高いと思う人もいるかもしれませんが、33,000円(税込36,300円)の価値はあります。

 

リファ、、、やるじゃないの

 

【結論】リファドライヤーが使いやすくおすすめ

レプロナイザー7DPlus」「リファドライヤー」どっちがおすすめ?

リファドライヤー

 

いろいろなドライヤーを使いましたし、比較しましたがリファドライヤーのクオリティーは高すぎます。

 

確かにレプロナイザーは優秀なドライヤーになっていますが価格が高すぎます。

使ってみてしっとりまとまる質感はさすがレプロナイザー!と感動はしました。

ただいいドライヤーの基準って仕上がりだけではなく、価格、使いやすさなどのバランスです。

 

製品名レプロナイザー7D Plusリファドライヤー
価格72,000円(税込79,200円)33,000円(税込36,300円)

 

4万の価格を出す必要はない気がします

 

レプロナイザーとリファどっち買えば買うか迷っている人はぜひリファを買ってください!!

 

両方をしっかり知りたい人はこちらからしっかり確認してください!!

 

 

いいドライヤーが知りたい人は高級ドライヤーおすすめランキングBEST3を参考にしてください。

 

-ドライヤー
-,

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved.