エルジューダエマルジョンの違いは?

ヘアオイル

【ヘアミルク】美容師がエルジューダエマルジョンの効果の違いを解説

自己紹介

美容師のしょーじです

  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • ケミカルオタクとして様々なスタイリング剤を使ってきました

おすすめのスタイリング剤が知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します。

こんな方におすすめ

  • 【エルジューダエマルジョン】の違いが知りたい人
  • 美容師の意見を参考にしたい人

【エルジューダエマルジョン】の違いは?

  • エマルジョン→さらっとまとまるヘアミルクでボリュームを潰さない
  • エマルジョン+→しっとり感と毛髪柔軟効果が高いので硬毛におすすめ

ミルボンが発売している大人気スタイリング剤【エルジューダ】

2012年に発売されて以来、何回も新作を出しているのもあり現在ではラインナップは12種類。

シリーズは6種類あり、自分に合うトリートメントが見つかりやすいのがポイントになります。

今回はエルジューダ最初のシリーズ「エマルジョン」

ヘアミルクながら両方とも質感は全然違います。

両方とも使ったことあるので違いをわかりやすく解説していきますので参考にしてください

 

【milbon】エルジューダとは?

エルジューダ

出典:CHOUCHOU

【ミルボンが2012年2月に立ち上げたヘアケアライン】

特にヘアオイル、ヘアミルクが代表的な商品で発売から時間が経っているのにも関わらず、ファンが多いんです。

第一弾として2種類発売されましたが、人気もあり現在では12種類のラインナップになっています。

そして12種類の全てが成分や効果、仕上がりの質感も違う。

 

【ポイント】

エルジューダは髪質や悩みに対して選び、使い分けることができること

悩みは人によって違いますが、ラインナップが多いからこそ悩みを細分化してあなたにあったヘアケアオイルを使うことができます。

人気の理由は使ったらわかるはずですよ!

 

 

【さらっとヘアミルク】エルジューダ エマルジョン

価格(税込)2,860円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
おすすめの人
  • 細毛・軟毛
  • 乾燥が気になる人
  • ふんわりしたスタイルが好きな人

 

【しっとりヘアミルク】エルジューダ エマルジョン+

価格(税込)2,860円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
おすすめの人
  • 普通〜太い髪
  • 硬毛
  • 乾燥毛
  • しっとりまとめたい人

 

【共通部分】

【特徴成分】ミルクならではの毛髪柔軟効果が高い

  • バオバブエキス→髪の内部まで浸透し、水分量を高める成分
  • CMADK→髪と同じケラチン由来のタンパク質。ダメージ部分に浸透して補修する成分
  • アクアコラーゲン→髪の水分量を高めつつ、毛髪柔軟効果も期待できる

 

【香り】

「カシス、アップル、シトラス」のみずみずしい香り。その後、「ローズ、ラズベリー」のやわらかな香りに変化し、最後は「バニラ、アンバー」のやさしい香りに包まれます。

 

【比較】エルジューダエマルジョンとエマルジョン+の違い

エルジューダエマルジョンの違い

製品名エマルジョンエマルジョン+
内容量120ml120ml
価格(税込)2,860円2,860円
種類ヘアケアミルクヘアケアミルク
おすすめの髪質
  • 細毛・軟毛
  • 乾燥が気になる人
  • ふんわりしたスタイルが好きな人
  • 普通〜太い髪
  • 硬毛
  • 乾燥毛
  • しっとりまとめたい人

 

【エマルジョンの質感】

質感の重さ
ツヤ感
使用感

 

【エマルジョン+の質感】

質感の重さ
ツヤ感
使用感

 

【口コミ】エルジューダエマルジョン

今まで高いトリートメントなどいくつか使ってきましたが、これが一番良かったです。
ここが好き!→たくさんつけてもベタつかない/髪全体にも表面にも使える/香りがいい(少し強め)/手触りがサラサラふわふわ/ミルクの伸びがいい
ただヘアオイルでは無いので、ツヤ感はほぼ出ません。なので私はミルボンの後に別のオイルを毛先と表面につけてセット完了にしています( ¨̮ )♪

引用:Amazon

細い髪、ロングヘア、縮毛矯正をしています。
カラーをしていないバージンヘアでも毛先の絡まりがひどく、ロレアルのヘアオイルからこちらへ。
オイルのような重さもなく、しっとり潤うので、こちらを購入してから3年振りにカラーをしましたが絡まることがほぼなくなりました。香りが少し甘いですがそんなに残る訳でもないのでまたリピートしたいです。

引用:Amazon

 

悪い口コミ

重たくて、髪が汚れたレゲエさん的な感触がします。サラツル感はありません。
香りは、中国っぽいココナッツ?みたいで、ガッカリです

引用:Amazon

甘ったるく気分はスイーツを髪につける感じ
完全に好みの問題だと思いますが私には合いませんでした
絡みつく匂いは好みでしたら持続的なのでいつも嬉しい気持ちになるでしょう
クリームタイプも私にはしっくりこないようで使い切るまで気持ち的に大変でした

引用:Amazon

【口コミ】エルジューダエマルジョン+

いい口コミ

髪が細く癖毛で、これまでドライヤーをする時に髪が絡まってしまいましたが、お風呂上りにタオルドライ後、この商品を髪全体につけてからドライヤーをすると驚くほどサラサラになります。
これまで櫛やブラシで絡まらないように気をつけていたのが、今では手ぐしで十分なほどです。
匂いもふんわり香る程度できつくないです。甘い香りがします。

引用:Amazon

ミディアム・ダメージ強です。
髪にやや縮れがあり、トリートメントが浸透しにくい髪と美容師の方に言われる硬毛質です。

ミルボンの洗い流さないトリートメントは、エルジューダMOも使用していましたが、
こちらの方がより保湿力が強く、ワンプッシュで十分にしっとり感を得ることができます。
エルジューダMOは多く使ってもサラサラするので、減りが早かったのですが、
こちらのエマルジョン+は少量で効果を得ることができました。

香りは甘めで、ココナツやバニラ系の香りがします。

引用:Amazon

 

悪い口コミ

頭にカメムシいるのかと思ってびっくりしました。死ぬほど臭いです。匂いがきついとかじゃなくて臭いです。

引用:Amazon

 

【まとめ】最初のエルジューダ。伝説はここから始まった

スマホはスクロール

製品名エマルジョンエマルジョン+
種類ヘアミルクヘアミルク
価格(税込)2,860円2,860円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
香り
おすすめ度
おすすめの人
  • 細毛・軟毛
  • 乾燥が気になる人
  • ふんわりしたスタイルが好きな人
  • 普通〜太い髪
  • 硬毛
  • 乾燥毛
  • しっとりまとめたい人
  • エマルジョン→さらっとまとまるヘアミルクでボリュームを潰さない
  • エマルジョン+→しっとり感と毛髪柔軟効果が高いので硬毛におすすめ

ミルボンが発売している大人気スタイリング剤【エルジューダ】

大人気シリーズの第一弾商品として発売したエマルジョンシリーズがあるからこそ12種類ものラインナップになりました。

使ったらロングセラーの秘密はわかります。

馴染みの良さ、使いやすさ、何よりミルクタイプならではの柔軟効果の高さ。

ぜひ使ってほしいヘアオイルになります♪

 

 

【エルジューダの使い方】

使い方の流れ

  • 濡れた髪につける
  • 目の荒いコームでコーミングする
  • ドライヤーで乾かす
  • ヘアオイルをつける
ではこのあと詳しく説明しますね♪

 

1.濡れた髪につける

ヘアオイルには熱からの刺激を軽減する効果もあるので乾かす前につけるヘアオイルは必須になります!

このときに気をつけることは

「毛先中心につける」

髪は毛先になればなるほど長年付き添った髪なので、毛先に近づくにつれてダメージが進行していることがほとんど。

1番保湿したい毛先を重点的につけてほしいです。

 

ただ髪の表面は摩擦や紫外線などの影響を受けやすいところではあるのでしっかりケアしてほしいです!

 

髪の表面って、、、どこ?

という人は頭の張っているところ(ハチの上)の毛をすくってつけてください!

 

髪の表面につけるときの注意点は根元からベタっとつけるのはNGです!

  • 立ち上がりが悪くなる
  • 根元がベタついてしまう
  • 根元付近は健康なところなので必要ない

などの理由がありますので、傷んでいるところにしっかりとつけてください

 

補足 ヘアオイルをつける量

  • ショート&ボブ→1~2プッシュ
  • ミディアム→2~3プッシュ
  • ロング→3~4プッシュ

毛量とオイルの質感によって量は変わるので自分の適量を探すイメージでいろいろ試してほしいです。

 

2.目の荒いコームでコーミングする

手でつけるだけだとどうしてもムラになってしまうので均一に馴染ませるためにコーミングします!

というのも「ヘアオイル=油分」なので髪馴染みが悪いんです。

濡れている時の髪の水分とヘアオイルの油分を均一に馴染ませることにより髪馴染みが良くなります。

つけムラがあると、毛先のまとまりが悪くなるのでここのコーミングは大切になります。

 

コーミングする際のポイントは目の荒いコームを使うこと。

  • 目が細かいとオイルをコームでとってしまう可能性がある
  • 濡れている時は髪は繊細なので負担を少しでも減らすため

 

ちょっとしたポイントではありますので気をつけてください♪

 

3.ドライヤーで乾かす

自然乾燥は髪に悪いので絶対に乾かしましょう!

しっかり乾かすことにより、髪の表面にあるキューティクルが閉じます。

そうすることで髪のダメージを進行を防ぐことができるので必ずお願いします。

 

4.ヘアオイルをつけます

  • ストレート
  • コテで巻いた時

 

ポイントは仕上がりによってつけ方が変わります。

それぞれヘアオイル をつける目的が変わるのでしっかり理解してくださいね♪

 

【仕上がり】ストレートヘア ver

大切なのは「面のきれいさ」

揉み込んだりしないで、指を通して毛先に馴染ませるのがポイントになります。

毛先を中心につけてもらった後に先ほどと同じように表面にも軽くつけることによりツヤ感がよりわかります♪

コーミングすると絡まりも解けながら、オイルも馴染むのでおすすめです!

 

【仕上がり】コテ ver

大切なのは「動き」

 

揉み込むようにして巻いた髪をほぐすイメージでつけるといいです♪

いい意味でムラを作ることでメリハリがつきます。

 

注意

オイルをつけすぎたり、つけるタイミングでひっぱりすぎるとカールがだれる原因につながるので気をつけてください!

 

これでヘアオイルのつけ方については終わりになります♪

簡単ではありますがしっかりポイントを抑えることで質感は全然変わるのでぜひ参考にしてください!

 

【注意点】これだけはやめてほしい!

「巻く前にオイルをつけること」

 

絶対にやってほしくないことになります

 

オイルが熱によって張り付いてしまい、剥がれるときにものすごく負担になるんです。

髪にとっていいことは何もないので、ヘアオイルを使うときは絶対にやらないでください。

 

-ヘアオイル

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved.