エルジューダブリーチケアセラムとジェルセラムの違い

ヘアオイル

エルジューダブリーチケアセラムとジェルセラムの違いは?美容師が比較&口コミ

自己紹介

美容師のしょーじです

  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • ケミカルオタクとして様々なスタイリング剤を使ってきました

おすすめのスタイリング剤が知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します。

こんな方におすすめ

  • 【エルジューダブリーチケアセラム・ジェルセラム】の違いが知りたい人
  • 美容師の意見を参考にしたい人

【エルジューダブリーチケアセラム・ジェルセラム】の違いは?

  • ブリーチケアセラム→ふわっとまとまらないはいブリーチ毛におすすめ
  • ブリーチケアジェルセラム→硬くてゴワつきが気になるブリーチ毛におすすめ

ミルボンが発売している大人気スタイリング剤【エルジューダ】

2012年に発売されて以来、何回も新作を出しているのもあり現在ではラインナップは12種類。

シリーズは6種類あり、自分に合うトリートメントが見つかりやすいのがポイントになります。

今回はブリーチ毛のハイダメージに対応することのできるシリーズになります。

ハイダメージに特化したヘアオイルになりますのでおすすめの幅は狭くなりますが、ダメージが気になる人にはぜひ使ってほしいヘアオイルになっています。

両方とも使ったことあるので違いをわかりやすく解説していきますので参考にしてください

 

【milbon】エルジューダとは?

エルジューダ

出典:CHOUCHOU

【ミルボンが2012年2月に立ち上げたヘアケアライン】

特にヘアオイル、ヘアミルクが代表的な商品で発売から時間が経っているのにも関わらず、ファンが多いんです。

第一弾として2種類発売されましたが、人気もあり現在では12種類のラインナップになっています。

そして12種類の全てが成分や効果、仕上がりの質感も違う。

 

【ポイント】

エルジューダは髪質や悩みに対して選び、使い分けることができること

悩みは人によって違いますが、ラインナップが多いからこそ悩みを細分化してあなたにあったヘアケアオイルを使うことができます。

人気の理由は使ったらわかるはずですよ!

 

【ダメージ毛におすすめ】エルジューダブリーチケアセラム

価格(税込)3,080円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
おすすめの人
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人

 

【ダメージ毛もしっとりまとまる】エルジューダブリーチケアジェルセラム

価格(税込)3,080円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
おすすめの人
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人

 

【共通部分】エルジューダブリーチケアセラム・ジェルセラム

【特徴成分】ブリーチケア成分により、コンディションが整う

  • バオバブエキス→髪の内部まで浸透し、水分量を高める成分
  • CMADK→髪と同じケラチン由来のタンパク質。ダメージ部分に浸透して補修する成分
  • ムラサキバレンギクエキス→髪に潤いを与えつつ、滑らかさを与える成分

グリセリンとオイルが結合した成分。水とオイル両方になじみやすい性質を持ちます。オイルをブリーチ毛に均一に広がりやすくし、毛髪内部の水素結合をゆるめます。

ブリーチ毛でもコンディショングをよくする成分が入っていますので、質感の良さは間違いないです!

 

【香り】甘さと爽やかさがあるフローラル系の匂いがたまらない

透明感あふれるクリスタルムスクの香り

実際に使ってみて思ったことは、爽やかな香りになっていて使いやすいです!

フローラル系の香りになっていて、女性にはたまらない香りになっています。

万人受けする香りになっていますね♪

 

【比較】エルジューダブリーチケアセラムとジェルセラムの違いを解説

エルジューダブリーチケアセラムとジェルセラムの違いを比較

製品名ブリーチケアセラムジェルセラム
内容量120ml120ml
価格(税込)3,080円3,080円
種類ヘアケアオイルヘアケアオイル
おすすめの髪質
  • 軟毛〜普通毛
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人
  • 硬毛
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人

 

【ブリーチケアセラムの質感】柔らかい髪質でふわっと広がる人にこそおすすめ

質感の重さ
ツヤ感
使用感

 

【ジェルセラムの質感】硬くてゴワつきやすい髪質のダメージにおすすめ

質感の重さ
ツヤ感
使用感

 

【口コミ】エルジューダブリーチケアセラム

エルジューダブリーチケアセラムの口コミ

人生はじめてのブリーチをしてカラーを入れたものの髪質が悪くなってしまい、ゴワゴワ、パサパサに…そんな時に美容室で使ってたコレを購入。ブリーチ髪に特化したトリートメントでしっかり保湿してくれるし、濡れた髪をタオルドライ後コレを髪に馴染ませてブローするとパサツキがなくなりしっとりうるサラ髪になります。使用を続ける事で髪質の改善にも繋がると思いました。実際、ブリーチ後の髪ですがパサツキやゴワゴワ感はあまり感じられません。

引用:Amazon

先日美容院で「新しいミルボンが出たよ!これはブリーチした髪にピッタリだから使ってみるね!」と紹介されました。使ってみたところ香りもいいし、触り心地も断然違い一瞬で虜になりました^^
店頭で探しても見つからず、こちらで購入し早速使ってみました。あのキシキシ感がなくなり期待通りの仕上がりで感動です^^
香りはフローラル系?で、そこまで甘くなくて比較的さっぱりしていると思います。

引用:Amazon

 

【口コミ】エルジューダブリーチケアジェルセラム

エルジューダブリーチケアジェルセラムの口コミ

私の髪に1番合う。
タオルドライのあと10円玉くらいの大きさのジェルを髪全体に塗布。
その後乾かすとホワイトブリーチし続けて痛みまくりヘビのようにウネウネする髪もまとまります。

香りは女子の匂いって感じで苦手な人は気になるかもだけど私は好きです。
田中みな実の匂いって勝手によんでます。

引用:Amazon

美容院で仕上がりに使われていて、香りがよかったので聞いてみたら、
美容師さん達のプロも使ってるとの
事、勧められて、帰ってから直ぐにプチッと購入しました。
タオルドライした後に、軽く、つけてます。
朝起きた時の髪が落ちついてます。
寝てる時の摩擦が防がれてるのだと思います。
乾燥を防ぐ為に、朝もつけてます。
ツヤも出て指の通りが滑らかです。
香りも素敵です。
髪のプロも使われてると言う事で、
納得の商品です。

引用:Amazon

 

【まとめ】ハイダメージ毛に対応できるケア力抜群のヘアオイル

スマホはスクロール

製品名ブリーチケアセラムブリーチケアジェルセラム
種類ヘアオイルヘアオイル
価格(税込)3,080円3,080円
質感の重さ
ツヤ感
使用感
香り
おすすめ度
おすすめの人
  • 軟毛〜普通毛
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人
  • 硬毛
  • ハイダメージ毛
  • ブリーチをしている人
  • パサつきが気になる人
  • ブリーチケアセラム→ふわっとまとまらないはいブリーチ毛におすすめ
  • ブリーチケアジェルセラム→硬くてゴワつきが気になるブリーチ毛におすすめ

ミルボンが発売している大人気スタイリング剤【エルジューダ】

ハイダメージに特化している珍しいヘアオイルになりますが、ハイブリーチが身近になったからこそおすすめの人がたくさんいます。

ダメージが気になる人にはぜひ使ってほしいシリーズになりますのでぜひ検討してください!

 

 

【エルジューダの使い方】

使い方の流れ

  • 濡れた髪につける
  • 目の荒いコームでコーミングする
  • ドライヤーで乾かす
  • ヘアオイルをつける
ではこのあと詳しく説明しますね♪

 

1.濡れた髪につける

ヘアオイルには熱からの刺激を軽減する効果もあるので乾かす前につけるヘアオイルは必須になります!

このときに気をつけることは

「毛先中心につける」

髪は毛先になればなるほど長年付き添った髪なので、毛先に近づくにつれてダメージが進行していることがほとんど。

1番保湿したい毛先を重点的につけてほしいです。

 

ただ髪の表面は摩擦や紫外線などの影響を受けやすいところではあるのでしっかりケアしてほしいです!

 

髪の表面って、、、どこ?

という人は頭の張っているところ(ハチの上)の毛をすくってつけてください!

 

髪の表面につけるときの注意点は根元からベタっとつけるのはNGです!

  • 立ち上がりが悪くなる
  • 根元がベタついてしまう
  • 根元付近は健康なところなので必要ない

などの理由がありますので、傷んでいるところにしっかりとつけてください

 

補足 ヘアオイルをつける量

  • ショート&ボブ→1~2プッシュ
  • ミディアム→2~3プッシュ
  • ロング→3~4プッシュ

毛量とオイルの質感によって量は変わるので自分の適量を探すイメージでいろいろ試してほしいです。

 

2.目の荒いコームでコーミングする

手でつけるだけだとどうしてもムラになってしまうので均一に馴染ませるためにコーミングします!

というのも「ヘアオイル=油分」なので髪馴染みが悪いんです。

濡れている時の髪の水分とヘアオイルの油分を均一に馴染ませることにより髪馴染みが良くなります。

つけムラがあると、毛先のまとまりが悪くなるのでここのコーミングは大切になります。

 

コーミングする際のポイントは目の荒いコームを使うこと。

  • 目が細かいとオイルをコームでとってしまう可能性がある
  • 濡れている時は髪は繊細なので負担を少しでも減らすため

 

ちょっとしたポイントではありますので気をつけてください♪

 

3.ドライヤーで乾かす

自然乾燥は髪に悪いので絶対に乾かしましょう!

しっかり乾かすことにより、髪の表面にあるキューティクルが閉じます。

そうすることで髪のダメージを進行を防ぐことができるので必ずお願いします。

 

4.ヘアオイルをつけます

  • ストレート
  • コテで巻いた時

 

ポイントは仕上がりによってつけ方が変わります。

それぞれヘアオイル をつける目的が変わるのでしっかり理解してくださいね♪

 

【仕上がり】ストレートヘア ver

大切なのは「面のきれいさ」

揉み込んだりしないで、指を通して毛先に馴染ませるのがポイントになります。

毛先を中心につけてもらった後に先ほどと同じように表面にも軽くつけることによりツヤ感がよりわかります♪

コーミングすると絡まりも解けながら、オイルも馴染むのでおすすめです!

 

【仕上がり】コテ ver

大切なのは「動き」

 

揉み込むようにして巻いた髪をほぐすイメージでつけるといいです♪

いい意味でムラを作ることでメリハリがつきます。

 

注意

オイルをつけすぎたり、つけるタイミングでひっぱりすぎるとカールがだれる原因につながるので気をつけてください!

 

これでヘアオイルのつけ方については終わりになります♪

簡単ではありますがしっかりポイントを抑えることで質感は全然変わるのでぜひ参考にしてください!

 

【注意点】これだけはやめてほしい!

「巻く前にオイルをつけること」

 

絶対にやってほしくないことになります

 

オイルが熱によって張り付いてしまい、剥がれるときにものすごく負担になるんです。

髪にとっていいことは何もないので、ヘアオイルを使うときは絶対にやらないでください。

 

-ヘアオイル

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved.