3,300円以下 市販シャンプー

【ジョンマスターオーガニックがやばいと言われる理由】も解説!イブニングPシャンプーを口コミ&成分解析

こんな方におすすめ

  • 【ジョンマスターオーガニック イブニングPシャンプー N】の解析が知りたい
  • 実際の使用感と仕上がりが知りたい

【ジョンマスターオーガニック イブニングPシャンプー N】はどうなの?

リニューアルしてよくなった

2017年に衝撃の事件があってジョンマスターオーガニック。

その後、リニューアルをして成分が見直されたのもあり再び人気が出ています。

今回は1番人気の高いシャンプーを解析させていただきます。

結論としましては、悪いシャンプーではありませんが、使用感とコスパの悪さは気になる。

オーガニックを全面に押し出していますが、オーガニックシャンプーに多い泡立ちの悪さが気になりました。

またジョンマスターオーガニックがやばいと言われる原因についても解説させていただきます。

ぜひ参考にしてください。

 

要約

  • 洗浄成分はいい
  • 内容成分はオーガニック
  • 使用感は気になる
  • コスパはあまりよくない
  • リニューアルしてよくなった

【ジョンマスターオーガニックはやばい?】リニューアル前に起きた事件が原因

「ジョンマスターオーガニック」が、38製品を自主回収

公式サイトにて発表された自主回収が波紋を呼びました。

回収の理由は「一部成分表示の不備」となっていましたが、もはや別の商品といってもいいくらい成分が違ったんです。

オーガニックを売りにしている高級ヘアケアブランドとして人気が高かっただけあり、ファンの人が絶望と怒りは計り知れません

詳しいことは美容科学者として有名なブロガーである「かずのすけ」さんのブログにまとめられています。

回収前と回収後の違いを見ると「詐欺ではないか?」と疑うほど、成分表記が違います。

2017年の事件があり「ジョンマスターオーガニックはやばい」と印象つけられた人も多いはず。

 

それからリニューアルをして、成分に向き合っているのは伝わります。

ただあれほどの問題を起こしたジョンマスターオーガニックなので、印象が良くないのも事実です。

 

ジョンマスターオーガニック イブニングPシャンプー N(プリムローズ)

内容量236mL
価格2,900円(税込3,190円)
香りイランイラン&ゼラニウム

アロエベラ液汁 *、ラウロイルメチルイセチオン酸Na、グリセリン、ババスアミドプロピルベタイン、レウコノストック/ダイコン根発酵液、水、月見草油、アマニ油、イランイラン花油、アトラスシーダー樹皮油、グレープフルーツ果皮油、ニオイテンジクアオイ花油、パチョリ油、フサヌススピカツス木油、レモン果皮油、ヒマワリ種子油 *、ホホバ種子油 *、アボカド油、加水分解コメタンパク、トコフェロール、パンテノール、セイヨウノコギリソウエキス *、チャ葉エキス、カミツレ花エキス *、スギナエキス *、ラベンダー花/葉/茎エキス *、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、コンフリー葉エキス、ウルチカジオイカエキス *、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、プロリン、トレオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、乳酸Na、PCA−Na、カラメル、安息香酸Na、ソルビン酸K、クエン酸

洗浄成分

ラウロイルメチルイセチオン酸Na

→適度な洗浄力&低刺激

ババスアミドプロピルベタイン

→低洗浄力&低刺激

洗浄成分まとめ

適度な洗浄力はありつつ、刺激は少ないので使いやすい配合バランスになっています!

幅広い人に使いやすい使いやすい洗浄成分になっています。

 

補修・保湿成分

ホホバオイル

ホホバオイルは種子油の中でも優秀な成分。

他の種子油に比べて浸透性が高く保湿力が高い特徴を持っています

たくさんの研究結果からもわかっていることで信用できる成分になっています。

 

アロエ

「医者いらず」と呼ばれ、抗菌作用、殺菌作用、保湿、育毛効果などが期待できます。

髪の毛もそうですが、頭皮環境に効果の期待できるのがアロエの魅力になります。

 

オーガニックについて

オーガニックだからいいというわけではない訳ではありません。

どうしても自然界のものだけで対応は難しいので、研究結果の高いケミカル成分もシャンプーには必要です。

 

オーガニックにはオーガニックの良さ

ケミカルにはケミカルの良さ

 

両方のいいところを組み合わせることが大切だと思います。

オーガニックに対して誤解している人もいるかもしれませんので1つの意見として参考にしてください。

 

使用感

3つのポイント

  1. 泡立ち
  2. 洗い上がり
  3. 香り

泡立ち

泡立ちが悪いです。

予洗いをしっかりすることが重要になります。

また量を使わないと泡立たないのでコスパは悪いかもしれません。

 

洗い上がり

洗い上がりはきしみます。

質感はさっぱり感がありましたが、引っかかる感じときしむ感じが気になります。

流している最中も感じたのでちょっと使いにくかったです。

 

香り

アロマの香りでいい香りになっています。

 

気になるポイント

価格が高め

236mL 3,190円

結構いいお値段します。

使いやすい価格もおすすめポイントの1つだと思いますので気になるポイントとして紹介しました。

 

使用感が気になる

泡立ち、洗い上がりが気になりました。

使いやすさもシャンプーの大切なポイントの1つになりますので紹介しました。

 

シャンプーの総評

洗浄成分
補修成分
保湿効果
使用感
コスパ
総合評価

おすすめの人

  • 健康毛〜ライトダメージ
  • オーガニックシャンプーが好きな人

おすすめではない人

  • ミドルダメージ〜ハイダメージ
  • 乾燥毛
  • くせ毛
  • 使用感が大切な人

【結論】悪くないんだけど気になるポイントはある

まとめ

  • 洗浄成分はいい
  • 内容成分はオーガニック
  • 使用感は気になる
  • コスパはあまりよくない
  • リニューアルしてよくなった

 

悪いシャンプーではありませんが、使用感とコスパの悪さは注意してください。

内容成分を見ても優秀なわけではないのであえて買わなくてもいいかもしれません。

 

今回辛口に言ったのは一度信用を失っているメーカーになるからです。

一度失ってしまった信用を取り返すのは本当に大変です。

 

失うのは一瞬。

でも取り返すのは時間がかかります。

ぜひ参考にしてください。

 

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証するものではありません。

レビュー内容は実際に使用した一個人の感想として公開しています。

-3,300円以下, 市販シャンプー
-