【ヘアオイルの選び方】について美容師が解説!おすすめ3選と使い方についても紹介

しょーじ
どうも。美容師の東海林です♪

今回は【ヘアオイルの選び方】について話していこうと思います!

これだけたくさんのオイルがあるので、、、何を使えばいいかわからない人も多いと思います。

そんな人のために美容師の僕が本気でまとめました!!

まず僕が伝えたいことは

しょーじ
ヘアオイルの可能性を感じてほしいです!

控えめに言っても

ヘアオイル最強です!!!!

美女
ヘアオイルもちろん持ってるよ♪

という美女もいるかもしれません。

ただ何となく使っているへアオイルですが

  • 髪質にあっていますか?
  • 目的にあっていますか?

僕が伝えたいことは

自分にあったヘアオイルを選んでほしいということ。

ぜひこの記事をしっかり見ていただき。

しょーじ
あなたのためのヘアオイルを使ってほしいです♪

この記事でわかること

  • ヘアオイルの効果って?
  • ヘアオイルを選ぶポイントは5つ
  • おすすめヘアオイルの紹介
  • 使い方について

ヘアオイルの効果って?

  1. 乾燥やパサつきを抑える保湿効果
  2. 熱、乾燥、紫外線から守る毛髪保護効果
  3. 質感を楽しむスタイリング効果
  4. 香りによるリラックス効果
しょーじ
主な効果としては4つあります♪

どれも女性には欠かせない重要ポイントになると思います。

1つずつ解説していきます!

1.乾燥やパサつきを抑える保湿効果

しょーじ
ヘアオイルは高い保湿力をもつアイテムになっています♪

きっとこんな女性はたくさんいるはず。

美女
髪の毛がパサパサするし、パヤパヤする

女性にとってパサッとふわっと問題はかなり深刻だと思います。

どうしても日常のちょっとしたことでも髪の毛は傷みます。

髪の毛が長くなればなるほどダメージは気になると思います。

そんな人にこそ使ってほしいのがヘアオイル!!

油分を補うことにより、髪に潤いとツヤを与えることができます!

ぜひヘアオイルを使って乾燥とパサつきを抑えてほしいです。

2.熱、乾燥、紫外線から守る毛髪保護効果

しょーじ
日常の中にダメージの原因が多いことを知っていましたか?

日常の中のダメージをいかに抑えるか。

というのがヘアケアを考えたときには本当に大切になります。

ダメージの原因の例とすれば、

  • ドライヤー、ヘアアイロンによる熱のダメージ
  • ブラッシング、シャンプー、タオルドライなどの摩擦のダメージ

などなど。

美女
もう私、怖い、、、生活できない

となる美女もいるはず。

(いないわ。ボケ。とか言わないの♡)

ただご安心ください。

しょーじ
ヘアオイルを使うことにより負担を減らすことができます!

髪の表面を油分でコーティングすることにより、摩擦や紫外線などの刺激から髪を守る役割があります。

完全に0には難しいですが、負担を減らすことが長い目で見た時には変わるのは間違いありません。

美女
ヘアオイルって、、、素敵ね

3.質感を楽しむスタイリング効果

しょーじ
スタイリング剤としても使えるのが優秀!!

ウェットな質感を出すたいときは重めのオイル。

さらっとナチュラルな質感を出したいときは軽めのオイル。

その時の洋服や気分、またヘアスタイルに合わせることで質感を楽しむことができるのがヘアオイルのいいところになります♪

しょーじ
一本だけではなく、質感の違うオイルを持っておくのがおすすめになります

4.香りによるリラックス効果

美女
いい香りって、、、気分が落ち着くよね〜〜♪

女性なら香りの重要性がわかるはず!!

ヘアオイルは指通りが良くなってルンルンするのはもちろんのこと。

好きな香りに身に纏うことによってもルンルンすることができます♪

しょーじ
好きな香りで癒されてください〜〜!

ヘアオイルを選ぶポイントは5つ

  1. 種類
  2. 質感
  3. 香り
  4. ヒートケア成分
  5. 値段

ヘアオイルを選びポイントはこの5つになります!!

どんなにいいオイルでも目的を間違えたり、あわないものを選んでしまったら悲しすぎます。

これから紹介するポイントをしっかり理解した上で選んでいただけると失敗もしなくて済むと思いますのでしっかりチェックです♪

1.種類は2つ「ヘアケアオイル」「スタイリングオイル」

しょーじ
ここ、、、本当に大切なポイントになります!

意外に間違えている人も多いところではあるので確認してほしいです。

ヘアオイルをすご〜〜いざっくり分けると

  • 毛髪補修効果の高い「ヘアケアオイル」
  • ヘアアレンジに使う「スタイリングオイル」

この2つに分けることができます。

ちなみに見分け方は商品ラベルをみればすぐにわかります。

見分け方

ヘアケアオイル→「流さないトリートメント」「アウトバストリートメント」

スタイリングオイル→「スタイリング剤」

そしてこの2つですが目的も使うタイミングも違ってきます。

ではそれぞれの特徴をみていきましょう。

ヘアケアオイル

  • 髪の補修やコーティング、熱から守る効果がある
  • 髪を乾かす前と後、どちらでも使用できる
  • スタイリングオイルに比べるとさらっとした質感が多い

スタイリングオイル

  • 髪のまとまり感や濡れ感を出すために使う
  • 髪を乾かした後に使う
  • ヘアケアオイルに比べると重い質感が多い

結構間違えている人が多いのが、スタイリングオイルを乾かす前に使っている人!

あまりおすすめではないのでしっかり確認して用途に合わせて使ってほしいとは思いますね。

2.質感の違い「さらっと」「しっとり」を使い分ける

しょーじ
ダメージレベル、質感の好みに合わせることが大切だと思います♪

ダメージレベル

さらっと質感オイルがおすすめの人

→健康毛~ローダメージの人、広がりが気にならない人

しっとり質感オイルがおすすめの人

→ダメージ毛、乾燥毛、くせ毛などパサっとしやすい人、広がりやすい人

質感の好み

ウェットな質感が好き→重めのオイル

ツヤサラな質感が好き→軽めのオイル

ダメージレベルや髪質によってヘアオイルを選ぶパターン。

ほしい質感にあわせて選ぶパターン。

この2つがあります!!

基本的にこの2つをベースにオイル選びは考えていいのですが、注意点もあるので紹介しておきます。

注意

【しっとり、重いオイル】

健康毛や油分が多い人がつかうとベタつく恐れもある!

猫っ毛のように毛がペタっとしやすい人もオイルの重みでふわっと感がなくなってしまうのであまりおすすめではないかも。

【さらっと、軽いオイル】

ハイダメージ毛の人には本当に物足りない。

あと、くせ毛や乾燥毛で広がりを抑えたい場合も物足りない。

3.香りはもちろん大切なはず!

美女
だって、、、女子だもん!!!

つけていて嬉しくなる香りを纏ってください♪

質感で選ぶのもいいと思いますが好きな香りで選ぶのもいいとは思いますよ!

美女
香りがキツくてつけたくないの、、、

という人は無香料タイプのヘアオイルもあります。

シチュエーションに合わせて使い分けてみるのもいいと思います♪

4.ヒートケア成分は入っていてほしい!

ヘアオイルの役割のひとつ「熱から髪を守ること」

熱に反応することで髪の毛を補修してくれるヒートケア成分が入っているかは大切になります。

しょーじ
有名どころ2つの紹介です!
  • メドウフォーム-δ-ラクトン
  • γ-ドコサラクトン

こちらの成分が入っていると熱からのダメージを軽減してくれます♪

特にコテやストレートアイロンを使うなどスタイリングをしっかりする人は覚えておいてほしいです。

5.値段が高いからいい!というわけではない

しょーじ
ヘアオイルの価格はピンキリなんです
どうせ高い方がいいんでしょ?ふんだっ!
美女

となりそうですが、待ってくださいお姉さん。

大切なのは

「髪質にあっているか」

「目的にあっているか」

確かに価格が高いサロン専売品の方がいいのは多いですが。

最近は市販のものでもいいもの発売しています♪

今回紹介した5つのポイントを参考にしていただき。

自分に合ったオイルを選んでほしいです♪

おすすめヘアオイルの紹介

エルジューダMO(洗い流さないトリートメント) 

内容量120mL
価格¥2,600(税抜)
香りトランスパレント フローラル

エルジューダMOのポイントはツヤ感としっとり感。

ただ重いだけのオイルはたくさんありますが、

エルジューダMOはしっとり感はあるけどベタつく感じはしない使いやすいオイルになっています。

また毛髪柔軟効果も高いので髪の毛が硬い人、太い人にはおすすめ♪

洗い流さないトリートメントの中ではかなりしっとり感のある質感です。

しょーじ
乾かす前にもあとにもつけることのできるかなり使いやすいヘアオイルです

おすすめの人

  • ライトダメージ~ハイダメージ
  • 硬毛
  • 髪の毛が太い人
  • ベタっとした質感が嫌な人
  • 使い分けるのは嫌。一本でなんとかしたい人

N.ポリッシュオイル(スタイリングオイル)

内容量150mL
価格¥3,400(税抜)
香りマンダリンオレンジ&ベルガモット
しょーじ
しっとり質感最強レベル!

めっちゃしっとりします!!笑

ダメージ毛、くせ毛、髪が多い人、広がりやすい人。

ボリュームダウンさせたい人には本当におすすめのオイルになっています。

また自然な濡れ髪を作るのにも向いているので、スタイリングオイルとしてもかなり重宝するはず。

かなり質感重いので少量でもしっとりします。

なので意外に長持ちするのでコスパが良いのもポイント。

しょーじ
向き不向きはありますがおすすめのオイルの1つです

おすすめの人

  • ライトダメージ~ハイダメージ
  • 乾燥毛
  • くせ毛
  • 髪が多い人
  • 広がりやすい人
  • 自然な濡れ髪を作りたい人
  • コテで巻いている人

おすすめではない人

  • 健康毛
  • ペタっとさせたくない人
  • ストレートヘア

ボタニストヘアオイル  ダメージケア(洗い流さないトリートメント)

内容量80mL
価格¥1,700(税抜)
香りベリー&ヘリオトロープ
しょーじ
ボタニストは本当に優秀、、、

市販の中でも圧倒的なクオリティーを誇るボタニスト。

こちらは名前の通り補修効果が高いヘアオイルになります。

質感はさらっとしていますが成分はかなり優秀です。

毛髪補修成分のペリセアという効果の期待できる成分。

シアバターやホホバオイルなどの保湿成分も入っています。

またヒートケア成分も入っているのでスタイリングをしっかりする人にもおすすめしやすいです。

使用感も内容成分も申し分ないです。

そんなオイルが1,700円(税抜)で買えるのはコスパ良すぎます。

しょーじ
市販のオイルなら圧倒的におすすめです♪

おすすめの人

  • 健康毛~ミドルダメージ
  • さらっと質感が好きな人
  • スタイリングする人
  • ツヤがほしい人
  • ハリコシがほしい人

ダイアン ボヌール シグネチャーオイル(スタイリングオイル)

内容量100mL
価格¥1,990(税抜)
香り
  • グラースローズ
  • オレンジフラワー
  • ブルージャスミン
しょーじ
N.ポリッシュオイルにかなり近い!

大人気ヘアオイルに本当に近い質感になっています!

ポリッシュオイルの重さにかなり近いのでしっとり感は間違いないです♪

ということなので。

しょーじ
もう一度復習しましょう!笑

ダメージ毛、くせ毛、髪が多い人、広がりやすい人。

ボリュームダウンさせたい人には本当におすすめのオイルになっています。

また自然な濡れ髪を作るのにも向いているので、スタイリングオイルとしてもかなり重宝するはず。

かなり質感重いので少量でもしっとりします。

なので意外に長持ちするのでコスパが良いのもポイント。

しょーじ
向き不向きはありますがおすすめのオイルの1つです

おすすめの人

  • ライトダメージ~ハイダメージ
  • 乾燥毛
  • くせ毛
  • 髪が多い人
  • 広がりやすい人
  • 自然な濡れ髪を作りたい人
  • コテで巻いている人

おすすめではない人

  • 健康毛
  • ペタっとさせたくない人
  • ストレートヘア

ヘアオイルの使い方は??

しょーじ
こちらの動画を参考にしてください!

動画の方が伝わるはず、、、文章で見たい人はこちらからどうぞ!

こちらもCHECK

【ヘアオイルの正しい使い方】について美容師が解説!これでもう失敗はしない♪

続きを見る

まとめ

しょーじ
ヘアオイルの効果ってすごいんです♪
  1. 乾燥やパサつきを抑える保湿効果
  2. 熱、乾燥、紫外線から守る毛髪保護効果
  3. 質感を楽しむスタイリング効果
  4. 香りによるリラックス効果

つけることにより色々な効果が期待できます♪

ただ何を買えばいいかわからない人もいると思いますので。

しょーじ
こちらの5つのポイントを見てほしいです!
  1. 種類
  2. 質感
  3. 香り
  4. ヒートケア成分
  5. 値段
美女
それで、、、結局何を買えばいいの?商品名教えてよ!

という人いましたらこちら。笑

  • エルジューダMO
  • N.ポリッシュオイル
  • ボタニストヘアオイル  ダメージケア
  • ダイアン ボヌール シグネチャーオイル
美女
商品買ったはいいけど使い方がわからないわ!
しょーじ
こちら見ていただけると嬉しいです

ということでヘアオイルに関してしっかりまとめました!笑

髪の毛を綺麗にするには毎日のヘアケアが大切です。

ヘアオイルは必須になりますので。

ぜひとも参考にしていただければと思います♪

 

しょーじ
ちなみにですが、、、以前に価格ドットコムさんからおすすめヘアオイルの記事監修をお願いされました♪

それがこちらになります♪

もっと詳しく

いや〜〜嬉しかったです。

しょーじ
頑張っているといいことあるな

と感じた瞬間ではありました♪

こちらの記事と似ているところも多いですが。

僕の言葉と、編集者さんの言葉。

編集者さんの方が圧倒的に読みやすいですが。笑

それぞれ違いがあって面白いと思いますのでぜひ読んでみてください♪

-ヘアオイル

Copyright© Hair Life〜シャンプー解析サイト〜 , 2020 All Rights Reserved.