未分類

【美容師選ぶ】使えば使うほど髪が綺麗になるカールアイロンBEST3|髪を傷めないコテ

この記事でわかること

  • 髪を綺麗にするカールアイロンを3つ紹介
  • 美容師目線でおすすめの商品

カールアイロンを毎日使うけど、髪のダメージが心配ね

使えば使うほど綺麗になるカールアイロンがあったら、、、ほしくないですか?

今回は「使えば使うほど髪が綺麗になるカールアイロン」を発表します!

ダメージだけではなく、使いやすさにもこだわった商品を厳選して紹介させていただきます。

比較したカールアイロン

情報だけではなく、いろいろなカールアイロンを使ってきたからこそわかる質感やまとまり感を美容師目線でランキングにさせていただきました。

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです

使えば使うほ髪が綺麗になるとタイトルをつけていますが、使うほど髪が綺麗になるカールアイロンはありません。
少しでも痛みが少なく、仕上がりが柔らかくツルッとまとまるカールアイロンを紹介させていただきます。

【第3位】リファビューテックカールアイロン|デザイン性の高さと使いやすさが魅力

リファカールアイロンを口コミ評価
価格(税込)22,000円
重さ365g
温度調節120 / 140 / 160 / 180℃
ダメージ軽減
(4.5 / 5.0)
使いやすさ
(5.0 / 5.0)
総合評価
(4.5 / 5.0)
レビュー記事はこちら詳細を見る

第3位に選ばせていただきたのはリファが発売しているカールアイロン。

デザイン性だけだと勘違いしている人もいるかもしれませんが、スペックも申し分ないです。

ダメージを軽減する1番の特徴は【カーボンレイヤープレート】

過剰に水分を飛ばすことなくアレンジすることが可能になります。

水分を飛ばしすぎないことによる「保湿力の高さ」がリファのポイントでもあります。

第3位の理由としましては、カール形成に少し時間がかかること。

他のカールアイロンと比較をするとプレートのサイズが短いことから、コテを入れる回数が増える可能性があるからです。

健康毛・硬毛ならそこまで気にならないですが、軟毛・ダメージ毛の人はちょっとしたことで痛む可能性があります。

リファのデザイン性・使いやすさは魅力的ですが、人によってはもう一歩感を感じるかもしれませんね。

【第2位】マグネットヘアプロカールアイロン|総合力No. 1のクレイツの最上位モデル

マグネットプロカールアイロンを美容師が口コミ評価
価格(税込)17,600円
重さ270g
温度調節120/140/160/180/200
(5段階調節)
ダメージ軽減
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(5.0 / 5.0)
総合評価
(5.0 / 5.0)
レビュー記事はこちら詳細を見る

プロも愛用する使いやすさと仕上がりの良さが魅力

【キュアクリスタル】

数種類の天然鉱石やミネラルをミクロパウダー化して独自配合したプレート

「キュアクリスタル」によって生み出された質感はかなりいいです。

髪にツヤと潤いを与えつつ、弾力のあるプリッとしたカールを作ってくれます。

さらに質感の良さはもちろんのこと、使いやすさも素晴らしい。

美容師が愛用するクレイツの使いやすさ×キュアクリスタルの仕上がりの良さが融合したコテなので推しポイントだらけになります!

カールアイロンランキングBEST3でも第1位にランクインさせていただいた最高のコテになります!
僕が1番推しているコテでもありますので、ぜひ使ってほしいです!

補足

総合力では「マグネットヘアプロ」がおすすめになりますが今回のランキングは「傷まない」

「傷まない」ということだけでランキングをつけたときにはさらに上がいます。

【第1位】ヘアビューロン7D Plusカールアイロン|仕上がりはいいが、トータルではイマイチか

価格(税込)71,500円
重さ496g
温度調節40〜180℃
ダメージ軽減
(5.0 / 5.0)
使いやすさ
(3.5 / 5.0)
総合評価
(3.5 / 5.0)
レビュー記事はこちら詳細を見る

髪や肌の細胞を構成している分子そのものを活性化させる技術

バイオプログラミングを搭載しているリュミエリーナが発売しているヘアビューロンが第1位に選びました!

はっきりいいますがバイオプログラミングに効果を実証するエビデンス(証拠)はありません。

普通なら「胡散臭い」で終わるところではありますが、ヘアビューロンは実際の仕上がりが良いのも事実になります。

【よくわからないけど仕上がりがいい】という少し矛盾しているバイオプログラミングこそがヘアビューロンの特徴になります。

バイオプログラミングを搭載している最新ヘアビューロン7D Plusは価格は高いながらも仕上がりの良さだけを考えたら素晴らしいです。

しっとりまとまるけど、ふわっと立ち上がるような仕上がりの良さ。

熱によるダメージを受けていないかのような硬さをほとんど感じない質感の柔らかさ。

ヘアビューロンがこれほど高くても評価が高く、ファンが絶えない理由は使っていただければわかります。

総合的に見ると使いにくさがあったり、価格が高かったりと気になるところはあります。

ただ「傷まない」ということだけを考えたときにヘアビューロンほど仕上がりに感動するカールアイロンは知りません。

総合力とか、価格とか気にしないから1番痛まないコテ探してるの

そんな人にはぜひおすすめしたいコテであることは間違いありません♪

【髪を傷めないコテの比較表】使えば使うほど髪が綺麗になるカールアイロンの違い

ランキング第1位第2位第3位
商品名
ヘアビューロン7D

マグネットヘアプロ

Refa
価格(税込)71,500円17,600円22,000円
重さ496g270g365g
温度調節40〜180℃120/140/160/180/200
(5段階調節)
120 / 140 / 160 / 180℃
ダメージ軽減
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
使いやすさ
(3.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
総合評価
(4.0 / 5.0)
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
レビュー記事はこちら詳細を見る詳細を見る詳細を見る

【結論】カールアイロンで髪質改善は難しいが、少しでもダメージを抑えるコテを使ってほしい

  1. ヘアビューロン7D Plus
  2. マグネットヘアプロ
  3. リファ

カールアイロンで髪の毛って綺麗になるの?

髪を綺麗にすることはできませんが、仕上がりの良さと痛みにくいカールアイロンはあります!

情報だけではなく、いろいろなカールアイロンを使ってきたからこそわかる質感やまとまり感を美容師目線でランキングにさせていただきました。

ただ、最後に結論をいいます

  • 第2位「マグネットヘアプロ」・・・トータルバランスが良くておすすめ
  • 第3位「リファ」・・・デザイン性を大切にする人におすすめ

上記2つから選んでいただくのがおすすめになります!

確かにヘアビューロンが1番ダメージは軽減できそうな気もしますが、リファ・マグネットヘアプロよりプラス5万円出してまで買うほどか?

と言われると難しいところ。

マグネットヘアプロ、リファでも充分すぎるほどダメージを軽減できますし、どっちも使用感、仕上がりともに素晴らしいです!

最高峰の仕上がりを求める人はヘアビューロンを買ってもいいのかもしれないけど、あえて買わなくてもいい気もする

美容家電マニアとして本気で選びましたので、参考にしてください!

髪をキレイにしたい人へ

今回は使えば使うほど髪が綺麗になるカールアイロンを厳選して紹介しました。

高級カールアイロンは、安い買い物ではないので迷う気持ちはわかります。

安くて痛まないコテはないの?

残念ながら安くて痛まないコテはありません

安くていいコテはありますが、安くて痛まないコテは見つからなくて。

熱ダメージは大きいですし、日々積み重ねることで髪はどんどん痛んでいくからこそ、少しでもダメージを抑えてほしいです。

高級カールアイロンは高い買い物ではありますが、美容院にトリートメントにいく回数が減ったり、パサつきでイライラすることも減るはずです!

結果的にお金も浮くし、髪も扱いやすくなるなら必要な投資かも!

髪のダメージを減らして「うるつや髪」を手に入れませんか?

マグネットヘアプロ|美容師が愛用するクレイツの最高峰モデル

リファ|デザイン性の高さから使いたくなるコテ

リファカールアイロンを口コミ評価

使えば使うほ髪が綺麗になるとタイトルをつけていますが、使うほど髪が綺麗になるカールアイロンはありません。
少しでも痛みが少なく、仕上がりが柔らかくツルッとまとまるカールアイロンを紹介させていただきます。

どれがいいコテ?|使えば使うほど髪が綺麗になるカールアイロンの選び方

  • プレートの素材、加工の仕方によって髪への摩擦が減る
  • 温度設定が幅広い方が髪質に細かく対応できる

髪を綺麗にするために選ぶべきポイントを解説していきます!

プレートの素材、加工の仕方によって髪への摩擦が減る

素材摩擦係数特徴
テフロン0.05〜0.32摩擦が少なくダメージを抑えてたい人にはおすすめ
セラミック0.2〜0.5熱伝導率が高いのに、安くて耐久性もあるバランスの良さ
チタン0.59熱伝導率が高く耐久性の高さが魅力
アルミニウム0.82価格が安く重さも軽い

プレート素材によって、特徴が変わるのですが摩擦係数が少ないほどアイロンの滑りがいい。

つまり摩擦によるダメージを軽減できるヘアアイロンということを理解していただければと思います。

ただ、いろいろなヘアアイロンを使ってきて思うことは「素材がいい=いい商品」というわけではないということ。

メーカーの努力もあり、プレートに特殊加工をしたり、プレートの滑りをよくする工夫がしてあるなど多種多様な商品が発売しています。

摩擦係数はあくまで参考にしていただき、プレート素材の特徴をなんとなくでも知っていただければと思います。

実際に使わないとわからないこともありますからね

第3位のマグネットヘアプロはキュアクリスタルと特殊な加工が施されています。
他のヘアアイロンと比較をしても滑りの良さ、仕上がりの良さことからあくまで参考数値にしてください。

温度設定が幅広い方が髪質に細かく対応できる

高温のメリット
低温のメリット
  • 短時間でカールがつく
  • 髪のダメージが大きい
  • 硬毛・健康毛でもカールがつく
  • カール形成まで時間がかかる
  • 髪のダメージが小さい
  • 軟毛・ダメージ毛におすすめ

高温がいい!低温がいい!ということではないですが、それぞれメリットがあります。

温度調節の幅が広いと髪質に合わせて対応ができるので、選ぶ際の基準になります。

理想とすれば120〜180℃の幅で調節できるのがおすすめ!

-未分類