ヘアオイル

【ミジャンセン】ヘアオイルの効果は?美容師が使い方も口コミ評価

自己紹介

美容師のしょーじです

  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • ケミカルオタクとして様々なスタイリング剤を使ってきました

おすすめのスタイリング剤が知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します。

ミジャンセンヘアオイルはどんな商品なのかな?

美容師が使用感をレビューしていきますね!

【ミジャンセンヘアオイル】はどうなの?

潤いはすごいが、使用感はイマイチ

使った感想としましては。

かなり重めの質感で、こってりしたヘアケアオイル!

かなりしっとり重い仕上がりで、髪に潤いを与えることができます!

乾燥・ダメージでパサっとしやすい人におすすめのヘアオイルです!

ただ、手に出していただくとわかりますがベタベタ感が強くて使用感はあまりよくありません。

香りも少し人工的な感じがして、、、あまり好みではありませんでした。

実際に使ってみた感想ですので、ぜひ参考にしてください!

この記事の要約

  • 仕上がりは重め
  • コッテリしたテクスチャーで手に残る。使用感は良くないかも
  • 香りはやや人工的な感じがする
  • 価格も安くはないから僕なら他のをおすすめする

【詳細】ミジャンセンダメージケアパーフェクトセラム

内容量80mL
価格(税込)1,540円
香りフルーティーな香り
種類ヘアケアオイル

水、グリセリン、DPG、セタノール、ステアリルアルコール、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、イソプロパノール、香料、ヒドロキシエチルセルロース、EDTA-2Na、BG、黄4、フェノキシエタノール、黄5、アルガニアスピノサ核油*、アンズ核油、オリーブ果実油、ホホバ種子油、ツバキ種子油、ヤシ油、赤227、ダイズタンパク、青1、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、スクレロカリアビレア種子油、糖脂質

【レビュー】ミジャンセンヘアオイルを美容師が使った感想

質感の重さ
(4.0 / 5.0)
ツヤ感
(4.0 / 5.0)
香りの良さ
(3.0 / 5.0)

質感重めの質感で潤う

テクスチャーはトロッっとしていて、髪に潤いを与えてくれます!

乾燥・ダメージで広がりやすい人には保湿効果が期待できるので満足度高いはずです!

ただ、かなりコッテリとしていて手にベタっと残る使用感が好きではありませんでした。

水で洗っても全然落ちないですし、石鹸でも苦労しました。

ベタっとするヘアオイルはあまり好きじゃない。
という僕の感想も入っております。

香り華やかなフローラルの香り

香りは強めで、やや人工的なお花の香りになっています。

甘さの中に爽やかさもあるフローラルの香りで、香りを楽しみたい人にはおすすめの匂いになっています。

ただ香りは強めなので、使用シーンは少し限られてくるかもしれません。

甘すぎない香りで香水代わりにも使えそう!

【いい口コミ・悪い口コミ】ミジャンセンヘアオイル

いい口コミ・評判

使い始めて1ヶ月くらい経った頃に美容院に行ったら他の美容院でトリートメントされましたか?髪質が変わっていてびっくりしましたと言われました(^^)

パサパサな毛質はどうにもできない体質なんだと諦めていましたが、このオイルを使い始めて、初めて風に髪がなびきました笑 一本一本がふわ〜っと!感動しました!

香りがキツイとか言う方もいますが私は全く気になりません。

引用:Amazon

匂いもよくとてもさらさらになります!

引用:Amazon

悪い口コミ・評判

韓国で人気があると言う事で購入してみました。

うーん。何かベタつくし匂いもあんまり良くないし私の髪質には合わない様です。

リピはしないかな。

引用:Amazon

思ってたのと違って効果がよく分からないのと、一番は匂いが駄目で髪の毛に付けたくなくなったこと。

引用:Amazon

【まとめ】潤いはあるが、ベタつく使用感と香りの強さが気になる

内容量80mL
価格(税込)1,540円
香りフルーティーな香り
質感の重さ
(4.0 / 5.0)
ツヤ感
(4.0 / 5.0)
使用感
(3.0 / 5.0)
コスパ
(2.0 / 5.0)
おすすめ度
(2.0 / 5.0)
おすすめの人
おすすめではない人
  • 硬毛・剛毛
  • ゴワつきが気になる人
  • 髪のパサつきが気になる人
  • 軟毛・細毛の人
  • 自然な香りが好きな人
  • ベタつくヘアオイルが苦手な人

韓国発の人気ヘアケアブランド「ミジャンセン」

使った感想としては、使用感のベタつきと香りが強くて好きではありませんでした。

また海外からの輸入品は割高なのもあり、コスパはよくありません。

個人的にはあまり推しポイントが見当たらなくて、おすすめではないかも。
一個人の感想になりますが、参考にしてください。

ミジャンセンヘアオイルの使い方

使い方の流れ

  1. 濡れた髪につける
  2. 目の荒いコームでコーミングする
  3. ドライヤーで乾かす
  4. ヘアオイルをつける

実際の使い方を解説していきますね!

ヘアオイルの使い方①|濡れた髪につける

ヘアオイルは熱からのダメージを保護する効果があります。

濡れている髪につけることにより、ドライヤーの熱や乾燥を緩和しますので乾かす前にヘアオイルをつけることが効果的です!

つける際のポイントとしては。

毛先を中心につけること

毛先に近づくにつれてダメージが進行しているからこそ、1番保湿したい毛先を重点的につけてほしいです

また髪の表面は摩擦や紫外線などの影響を受けやすいところではあるのでしっかりケアしてほしいです。

髪の表面ってどの辺なの?

髪の表面ってどの辺なの?

頭の張っているところ(ハチの上)をすくってつけてください!

ただ髪の表面につけるときに注意点があり、根元からベタっとつけるのはNGです!

  • 立ち上がりが悪くなる
  • 根元がベタついてしまう

上記の理由がありますので、表面にはつけるけど根本にはつけないようにしてください。

ヘアオイルをつける量は?

  • ショート&ボブ→1~2プッシュ
  • ミディアム→2~3プッシュ
  • ロング→3~4プッシュ

毛量とオイルの質感によって量は変わるので自分の適量を探すイメージでいろいろ試してほしいです。

ヘアオイルの使い方②|目の荒いコームでコーミングする

ヘアオイルを均一に馴染ませるためにコーミングは大切になります。

つけムラがあると毛先のまとまりが悪くなる原因につながりますので、日常のヘアケアに取り入れてほしいです。

1つ注意点をお伝えすると、目の洗いコームを使うこと!

目の洗いコームを使う理由

  • 目が細かいとオイルをコームでとってしまう可能性がある
  • 濡れている時は髪は繊細なので負担を少しでも減らすため

ちょっとしたポイントだけど大切なことね

ヘアオイルの使い方③|ドライヤーで乾かす

自然乾燥は髪を痛める原因なので、絶対に乾かしましょう!

髪が濡れていると髪の表面にあるキューティクルが開いている状態になり、髪は繊細で傷みやすいです。

濡れたまま放置することで髪にダメージを与える原因になりますので、髪をキレイに伸ばしたい人は乾かしてほしいです!

髪をキレイにしてルンルン過ごしてほしいです!

ヘアオイルの使い方④|ヘアオイルをつけます

  • ストレート
  • コテで巻いた時

ポイントは仕上がりによってつけ方が変わります。

それぞれヘアオイル をつける目的が変わるのでしっかり理解してくださいね♪

【仕上がり】ストレートヘア ver

大切なのは「面のキレイさ」

揉み込んだりしないで、指を通して毛先に馴染ませるのがポイントになります。

毛先を中心につけてもらった後に先ほどと同じように表面にも軽くつけることによりツヤ感がよりわかります♪

コーミングすると絡まりも解けながら、オイルも馴染むのでおすすめです!

【仕上がり】コテ ver

大切なのは「動き」

揉み込むようにして巻いた髪をほぐすイメージでつけるといいです♪

いい意味でムラを作ることでメリハリがつきます!

「注意点」
オイルをつけすぎたり、つけるタイミングでひっぱりすぎるとカールがだれる原因につながるので気をつけてください!

これでヘアオイルのつけ方については終わりになります♪

簡単だけどしっかりポイントを抑えることで、質感は全然変わるからぜひ参考にしてね!

-ヘアオイル