2,000円以下 オーガニック推し 市販シャンプー

【成分解析】エティーク シャンプーバーを口コミ&評価【サスティナブル】

こんな方におすすめ

  • 【エティーク シャンプーバー】の解析が知りたい人
  • 実際の使用感と仕上がりが知りたい人

【エティーク シャンプーバー】はどうなの?

地球には優しいが髪にいいかは別物かな

 

エティーク シャンプーバーは【サスティナブル】を売りにしているシャンプーです。

サスティナブルとは、「持続可能な」という意味。「サステナブル」と表記することもあります。特に地球の自然環境の維持に役立つ事業や開発、自然環境に配慮した行動を表現する際によく聞くようになった言葉。

 

エティークが掲げる貢献がこちらになります。

サスティナブルへの6つの貢献

  1. 環境に影響を与えるプラスチックの撤廃
  2. 利益の20%を慈善団体に寄付
  3. 全てのパッケージは生分解性
  4. フェアトレードを行い不当労働に加担しない
  5. 児童労働に加担しない
  6. 動物実験をしない

 

地球のことを考えているのが伝わるので企業としては応援しています。

ただ、シャンプーとして解析した時には気になってしまいました。

しっかり解析しますのでぜひ参考にしてください。

 

要約

  • 洗浄成分は強め
  • 内容成分はほぼ入っていない
  • 固形シャンプーはおすすめしない
  • 環境には優しいけどシャンプーとしてはおすすめしにくい

 

エティーク シャンプー バー

内容量110g
価格1,980円(税込2,178円)
香りバニラ&ピンクグレープフルーツ

ココイルイセチオン酸Na・ココアルキル硫酸Na・デシルグルコシド・ステアリン酸・カカオ脂・ステアリルアルコール・ヤシ油・乳酸・グリセリン・セタノール・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル・グレープフルーツ果皮油・ベヘントリモニウムメトサルフェート・バニラ果実油・マイカ・酸化鉄

 

洗浄成分

ココイルイセチオンNa

→低刺激&低洗浄

ココアルキル硫酸Na

→強洗浄力&強刺激

デジルグルコシド

→強洗浄力&低刺激

洗浄成分まとめ

洗浄成分はおすすめしにくい。

ラウリル硫酸Naとほぼ同じ性質を持つ、ココアルキル硫酸Naの配合量が多くなっていることが1番気になります。

ラウリル硫酸Naフリーを謳っているので使ってほしくはなかったです。

 

補修・保湿成分

内容成分は紹介する成分は入っていません。

なのでここに関しては飛ばしていきます。

 

気になるポイントは?

固形シャンプーはあまりおすすめができません。

まず馴染みが悪くなってしまう可能性があります。

大前提としてシャンプーは頭皮の汚れを落とすものになります。

濡れたシャンプーバーを濡れた髪のつけ根から毛先に向け数回塗布します。頭皮部分から指先で泡立て、頭皮と髪を洗います。

この使い方では頭皮の泡立ちがしにくそうな感じだなと感じました。

使いやすいシャンプーでしっかり頭皮を洗うことが大切になりますので、あえて買う必要はない気もします。

 

シャンプーの総評は?

洗浄成分
補修成分
保湿効果
コスパ
総合評価

おすすめの人

  • 健康毛
  • オーガニックが好きな人

おすすめではない人

  • ダメージ毛
  • カラーしている人
  • いいシャンプーを使いたい人

 

【結論】地球には優しいかもですが髪に優しいシャンプーではない

まとめ

  • 洗浄成分は強め
  • 内容成分はほぼ入っていない
  • 固形シャンプーはおすすめしない
  • 環境には優しいけどシャンプーとしてはおすすめしにくい

 

地球のことを考えていて、こだわりを感じるが髪には使って欲しくない感はあります。

これから地球全体で向き合っていく問題に対して頑張っているのが伝わるので企業としては本当に応援しています。

ただ、シャンプーとして使うと考えた時にはちょっとおすすめはしにくいです。

 

いろいろな考え方がありますのでぜひ意見の一つとして参考にしてください。

 

記事の内容は、個人の感想であり効果効能または安全性を保証するものではありません。

レビュー内容は実際に使用した一個人の感想として公開しています。

-2,000円以下, オーガニック推し, 市販シャンプー

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.