白髪ケア 白髪の知識

【NG】カラートリートメントで黒髪から茶色に染めたい!のは無理です

この記事でわかること

  • カラートリートメントは黒髪に使えない
  • 明るくするなら髪を明るくする必要あり

カラートリートメントを使って髪を明るくすることはできるの?

明るくすることはできません。
なぜ?についてはこれから解説していきます!

カラートリートメントはあくまで明るい髪、白髪に使うことで効果があります。

黒髪に使うことで、色が入るのか、茶色にすることができるのか調べている人いますが効果はありません。

理由について解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

カラートリートメントで茶色にできない理由|髪を明るくする力がない

カラートリートメントはすでに明るい髪に効果がある

黒髪から明るい茶色にしたいと思った時に、髪のダメージを抑えたいという理由から、カラートリートメントで染めようと考える方がいます。

ですが、基本的にカラートリートメントでは、黒髪を明るい茶色に染めることはできません。

カラートリートメントをわかりやすく解説すると、色を乗せる役割になります。

色を明るくする力がないので、すでに明るい状態に使うことで色を乗せて発色をさせることができます。

ちょっと意味がわからないわ

絵の具をイメージするとわかりやすくなりますよ!
黒色の画用紙に赤、青、黄色などの色を重ねても黒のままですよね?
髪も一緒で、明るい髪色に色を乗せることにより効果を発揮します!

カラートリートメントは白髪染めとして使うことで茶色や黒色に染めることは可能

カラートリートメントで髪が染まる仕組みは、髪の表面をコーティングする方法になります。

なので、白髪のように元の色が薄くて明るい色であれば染めることができます。

ただ、白髪専用のカラートリートメントになるのでベースの色は黒色〜茶色までで、原色で染めることはできません。

また白髪染め用のカラートリートメントは1度で完璧に染めることができないので、回数を重ねることによって、徐々に色が入っていくこともご理解のうえで使ってください。

少しずつ色を定着させていくのがカラートリートメントになりますよ!

カラートリートメントで染めることができるのは白髪だけではありません。
ブリーチ毛に使うカラートリートメントもあります。

カラーサイトもご覧ください

カラートリートメントは明るい髪に色を入れるために使うもの

カラートリートメントで黒髪を明るい茶色にはできませんが、元が明るい髪であれば染めることができます。

カラートリートメントは髪へのダメージが少ないという特徴がありますので、一度ヘアカラーで明るくした髪を痛ませたくない人にとってもおすすめになります。

使い方を間違えないことが大切!

黒髪から茶色にしたいならヘアカラーをする必要あり!

元が黒い髪の場合には、ヘアカラーをする必要があります。

ヘアカラーは脱色して元の髪色を抜いて、染料を髪の内部まで浸透させて染めます。

元の黒い色をしっかり脱色して明るくしてから色を入れるので、黒髪の色をちゃんと変えることができ、明るい色にすることができます。

ヘアカラーは髪のキューティクルを開いて、内部に染料を浸透させて染める仕組みなので、少なからず髪へのダメージがあります。

繰り返しヘアカラーをすると、髪がパサパサになって傷んでしまいますので、一度カラーをした後については、カラートリートメントの使用を検討してください。

黒い髪を染める力については、ヘアカラーをする必要がありますので、自分の髪の状態に合わせて、美容師さんとも相談しながら、ヘアカラーやカラートリートメントを上手く使っていきましょう。

まとめ|カラートリートメントは明るい髪、白髪に使うことで効果がある

カラートリートメントで明るくすることは可能?

色を入れることが目的なので、明るくすることはできません。

カラートリートメントは脱色効果はないので、明るくすることはできません。

「黒髪→茶色」にしたい人は一度ヘアカラーをしていただき、髪を脱色していただく必要があります。

カラートリートメントの使い方は色を入れること!
使い方を間違えないことが何事も大切になりますね!

-白髪ケア, 白髪の知識