ストレートヘアアイロン

【ADST】 DSストレートアイロンの効果の違いを比較・口コミ【スタンダードモデル】

自己紹介

美容師のしょうじです
  • 表参道で美容師をして10年
  • 縮毛矯正・髪質改善に特化した美容師
  • 美容家電マニアとして使ったアイロンは数知れず

おすすめのストレートアイロンが知りたい人に向けて忖度なしで徹底的に解説します。

こんな方におすすめ

  • ADST DS ストレートアイロンの詳細を知りたい人
  • ADST DS ストレートアイロンが買いかどうか知りたい人
  • 美容師の意見を参考にしたい人

 

ADST(アドスト) DSはどう?

上位モデルDS2がおすすめ

 

プロ愛用のストレートアイロンは性能、使いやすさが素晴らしいです。

特におすすめしたいのがくせの伸ばしやすさ」

 

ただ上位モデルADST DS2の方が、プレートの質、使いやすさ、水分保湿量など優れています。

価格も1000円ほどDSの方が高くなっていることを考えるとDS2を推します。

 

DSとDS2の両方の記事を読むことで違いも分かりますので両方の記事を読んでください。

 

ではアドストDSの魅力を感じてください♪

 

【スペック】ADST(アドスト) DSストレートアイロン【スタンダードモデル】

価格35,178円(税込)
プレートサイズ25×90mm
温度設定範囲60℃~180℃
プレート素材アルミニウム
重量290g
コードの長さ2.6m
表面加工バイコートS

 

【特徴】ADST(アドスト) DS【スタンダードモデル】のポイントを紹介

AHCテクノロジー

AHCテクノロジーとは、アドストに搭載された最新の温度コントロールシステム。

3つのモード(「ノーマル」「パワー」「ダメージ」)から、お好みの設定温度をボタンを使い選択・切替できる最新技術

髪質や仕上がり、ダメージレベルに合わせて3つのモードを切り替えることができます。

1つのアイロンで温度コントロールを変えることのできる。

かなりこだわりがあるアイロンであることは間違いありません♪

 

スチームドレイン

下部プレートの蒸気コントロール溝がプレス時に生じる水分を効率よく排出することで、温度降下を最小限にし、背術時間を短縮します。

ヘアダメージを軽減し髪の傷みを抑制。時短&ヘアケアにも役立つ嬉しい機能。

 

補足

DS→上下 スチームドメイン

DS2

→上 スチームドメイン

→下 プレッシャーサークル

DS2の方が使いやすいプレートになっています。

 

バイコートS1を採用

バイコートS1

アドストのプレート部に施された最新コーティング。ヘアアイロンプレス時の負担を最適化。より高い操作性、耐久性を実現。

バイコートS2はアルミ皮膜にフッ素樹脂を複合した加工。耐摩耗性、耐熱性、潤滑性、耐食性を向上。より滑り性能を高めたコーティングになります。

 

温度幅が60〜180℃で5℃ずつ変えることができる

細かい温度調節が嬉しいです♪

温度幅が広くなっていますので髪質に合わせたベストな温度設定でアイロンを使うことができます。

 

アイロン温度

  • 硬毛・健康毛→160〜180℃
  • 軟毛・ダメージ毛→130〜160℃

おすすめの温度は人によって変わります。

使いながら自分に合う温度を探してください。

 

【耐久性】プロ仕様で簡単に壊れない

アドストは美容師がサロンワークで使うことを前提として開発されています。

なので耐久性に関しては安心して使っていただけます♪

 

美容院で行われている縮毛矯正は1時間くらいアイロンをつけっぱなしにする技術になります。

縮毛矯正で美容師がアドストを好んで使っている一つの理由が壊れにくいこと。

 

家庭で使う場合は雑に使わない限り簡単に壊れることはないはずですよ

 

【メリット】くせが強い人にも安心しておすすめできるアイロン

メリット

  1. くせが強い人でも安心しておすすめできる
  2. 最新の温度コントロールシステムで仕上がりを調節できる
  3. アイロンとしての使いやすさ、性能が素晴らしい
  4. 一度買ったら長く使える
  5. ふんわりまとまる質感がいい

 

【デメリット】

デメリット

  • 価格が35,178円(税込)
  • デザイン性はあまりない
  • 上位モデルDS2には及ばない

 

価格が35,178円(税込)

高級ストレートアイロンになりますので価格は高くなっています。

ただアドストは性能や耐久性、使いやすさなど全てが一級品。

プロが愛用する耐久性もありますので簡単に壊れることもない。

 

一度買えば長く使えることは間違いないので結果的には安上がりになりますよ!

 

デザイン性はあまりない

可愛くはないわね

 

デザイン性はあまりこだわっていないのが、逆に性能に特化しているのがわかるのでいいと言えばいいですけどね。

 

使いたくなるアイロンがいいという人はリファとかには勝てませんが、、、

 

上位モデルDS2より劣る

ADST DS2の方が、プレートの質、使いやすさ、水分保湿量など優れています。

価格も1000円ほどDSの方が高くなっていることを考えるとDS2を推します。

 

補足

厳密に言えばDSの方が優れている場面はあるのですが、家庭で使う場合はDS2一択で間違いないです

 

【おすすめの人】

  • 性能重視のストレートアイロンを探している
  • 簡単に壊れない耐久性がほしい
  • くせが強い人で根本からしっかり伸ばしたい
  • プロ愛用アイロンを家庭でも使いたい人
  • ふんわりする仕上がりがほしい人

 

【おすすめではない人】

  • 仕上がりより価格重視の人
  • デザイン性の高いアイロンを探している

 

【結論】DS2の方がプレートが優秀なのでおすすめ

価格35,178円(税込)
ストレートのしやすさ
ツヤ感
しっとり感
滑りやすさ
使いやすさ
おすすめ度

ADST(アドスト) DSはどう?

上位モデルDS2がおすすめ

 

プロ愛用のストレートアイロンは性能、使いやすさが素晴らしいです。

特におすすめしたいのがくせの伸ばしやすさ」

 

ただ上位モデルADST DS2の方が、プレートの質、使いやすさ、水分保湿量など優れています。

価格も1000円ほどDSの方が高くなっていることを考えるとDS2を推します。

 

DS2もまとめてありますのでぜひこちらも参考にしてください。

 

高級ストレートアイロンおすすめランキングBEST3に劣らない商品になります。

こちらも見ていただいた上で購入を検討してください。

 

-ストレートヘアアイロン

Copyright© ぼくのヘアケアLABO , 2021 All Rights Reserved.